Microsoft のプライバシーに関する声明

最終更新: 2018 年 5 月 最新情報

Microsoft はお客様のプライバシーを尊重しています。 このプライバシーに関する声明では、Microsoft によって処理される個人データの種類、処理方法、使用目的について説明します。

Microsoft が提供する製品は多岐にわたり、世界中の企業の業務を支援するためのサーバー製品、自宅で使用するデバイス、生徒が学校で使用するソフトウェア、開発者が新製品を作成してホスティングするためのサービスなど、さまざまな製品があります。 本声明では、Microsoft サービス、Web サイト、アプリ、ソフトウェア、サーバー、デバイスなどの Microsoft 製品について言及しています。

本声明に含まれる製品固有の詳細情報には、関連する追加情報が記載されています。 本声明は、Microsoft とユーザーの間で行われるやり取りおよび以下に挙げた Microsoft 製品のほか、本声明が表示される他の Microsoft 製品に適用されます。


弊社が収集する個人情報弊社が収集する個人情報mainpersonaldatawecollect
概要
全文

Microsoft は、サービスの効率化や弊社の製品におけるエクスペリエンスの最適化など、以下で説明するさまざまな目的で、ユーザーとのやり取りまたは弊社の製品を通じてデータを収集します。 収集するデータの一部は、ユーザーから直接弊社に提供されるデータです。たとえば、Microsoft アカウントを作成する際、組織のライセンス アカウントを管理する際、Bing へ検索クエリを送信する際、Microsoft イベントを登録する際、Cortana に音声コマンドを行う際、文書を OneDrive にアップロードする際、MSDN サブスクリプションを購入する際、Office 365 にサインアップする際、サポートに連絡する際などに、ユーザーからデータが提供されます。 このデータの一部は、ユーザーによる弊社製品の操作、使用、エクスペリエンスおよび弊社とのコミュニケーションに関して弊社が収集します。

弊社によるデータ処理は、ユーザーによる同意、正当な利益の維持、契約の締結および遂行の必要性、法的義務の順守、以下に示す多様な目的など、さまざまな法的理由と許可 ("法的根拠") に基づいて行われます。

さらに、サード パーティからもデータが提供されます。 サード パーティから取得したデータは、この声明に記載されている方針およびデータの取得先で定められている追加制限に従って保護しています。 サード パーティのデータ提供元は変化しますが、以下はその例です。

  • 収集したデータを補完するために Microsoft が購入する人口統計データのデータ ブローカー。
  • 地域のビジネス レビューやパブリック ソーシャル メディアへの投稿などのコンテンツをユーザーが作成して、そのコンテンツを他のユーザーを利用できるようにするサービス。
  • メール プロバイダーやソーシャル ネットワークなどの通信サービス (このようなサード パーティ サービスやネットワークのユーザー データへの弊社によるアクセスがユーザーから許可された場合)。
  • ユーザー デバイスの位置情報確認を支援するサービス プロバイダー。
  • Microsoft との共同ブランドによるサービス提供や共同マーケティング活動を行っているパートナー。
  • Cortana などの Microsoft 製品のエクスペリエンスを制作する開発者。
  • 政府の公開データベースなど、公的利用が可能なソース。

企業や学校など、Microsoft のエンタープライズおよび開発者向け製品をお使いの組織の方は、弊社によるデータ処理方法については、この声明の「エンタープライズおよび開発者向け」セクションをご覧ください。

使用するテクノロジや共有するデータについては、ユーザーが選択できます。 個人データの提供を要求されても、拒否することができます。 多くの弊社製品では、サービスの実行とユーザーへの提供のために個人データが必要となります。 製品や機能の動作とユーザーへの提供のために必要なデータが提供されない場合、ユーザーはその製品や機能を使用できません。 同様に、法令によって個人データを収集する必要がある場合や、ユーザーとの契約を締結または遂行する必要がある場合に、ユーザーからデータの提供を受けることができないと、契約を締結することができません。お使いの既存製品に関連している場合は、ご使用の停止または取り消しが必要になることがあります。 これに該当する場合は、その時点でユーザーに通知されます。 データの提供が任意であり、個人データを共有しないことを選択した場合は、そのデータを使用する個人用設定などの機能はご利用いただけません。

収集されるデータは、ユーザーが Microsoft とやり取りを行う際の状況、プライバシー設定などの選択内容、使用する製品や機能、場所、準拠法によって異なります。.

収集されるデータには次のようなものが含まれます。

氏名および連絡先データ. ユーザーの氏名、メール アドレス、住所、電話番号、その他類似の連絡先データ。

認証情報. 認証やアカウント アクセスに使用するパスワード、パスワードのヒント、類似のセキュリティ情報。

人口統計データ. ユーザーの年齢、性別、国、希望言語などのデータ。

お支払い情報. ユーザーのお支払い方法の番号 (クレジット カード番号など)、お支払い方法に関連するセキュリティ コードなど、お支払いの処理に必要なデータ。

サブスクリプションとライセンス データ. サブスクリプション、ライセンス、その他の権利に関する情報。

対話式操作. Microsoft 製品の使用に関するデータ。 検索クエリなどにより、製品を利用するためにユーザーから提供されるデータの場合や、 エラー報告など、弊社が生成するデータの場合があります。 その他の対話式操作データには次のようなものがあります。

  • デバイスと使用状況に関するデータ. ハードウェアおよびソフトウェアに関する情報、製品のパフォーマンス、設定など、ユーザーのデバイスやユーザーが使用する製品および機能に関するデータ。 例:
    • お支払いとアカウントの履歴。ユーザーが購入するアイテムや、アカウントに関連付けられているアクティビティに関するデータ。
    • 閲覧履歴。ユーザーが閲覧した Web ページに関するデータ。
    • デバイス、接続、構成に関するデータ。デバイス、デバイス構成、近隣のネットワークに関するデータ。たとえば、ユーザーのデバイスにインストールされているオペレーティング システムやその他のソフトウエアに関するデータ (プロダクト キーなど)。さらに、IP アドレス、デバイス識別子 (電話の IMEI 番号など)、地域と言語の設定、デバイスの近くにある WLAN アクセス ポイントに関する情報など。
    • エラー レポートおよびパフォーマンス データ。製品のパフォーマンスや製品でユーザーが経験する問題に関するデータ (エラー レポートなど)。エラー レポート ("クラッシュ ダンプ" と呼ばれることもあります) には、エラーに関連するソフトウェアまたはハードウェアの詳細、エラー発生時に開かれたファイルの内容、デバイス上にあるその他のソフトウェアに関するデータなどが含まれます。
    • トラブルシューティングとヘルプのデータ。使用している製品や、サポートに必要なその他の情報など、Microsoft にヘルプを依頼する際にユーザーが提供するデータ。たとえば、契約や認証に関するデータ、Microsoft とのチャットやその他の通信の内容、デバイスの状態に関するデータ、使用している製品 (ヘルプのお問い合わせに関連して) の情報などが含まれます。カスタマー サポートなどにお問い合わせの際には、弊社の担当者との電話での会話やチャット セッションの内容が監視または録音/記録されることがあります。
  • 関心とお気に入り. ユーザーが応援しているスポーツ チーム、よく使うプログラミング言語、継続的に調べている株、天候や交通状況などを追跡するために追加した都市など、ユーザーの関心やお気に入りに関するデータ。 ユーザーが明示的に提供している情報の他に、関心やお気に入りは、弊社が収集する他のデータから推測または導出されます。
  • コンテンツの使用に関するデータ. 弊社の製品からユーザーがアクセスするメディア コンテンツ (例: テレビ、ビデオ、音楽、オーディオ、教本、アプリ、ゲーム) に関する情報。
  • 検索とコマンド. 検索機能または関連する生産性向上機能を備えた Microsoft 製品を使用する際の検索クエリおよびコマンド。
  • 音声データ. ユーザーの声による検索クエリやコマンドなどの音声データ。背景音が含まれることもあります。
  • テキスト、手描き入力、タイピングのデータ. テキスト、手描き入力、タイピングのデータと関連情報。 たとえば、手描き入力データを収集する際には、デバイスでの手描き入力用機器の設置に関する情報も収集されます。
  • 画像. 画像のメタデータなど、画像および関連情報。 たとえば、Bing 画像対応サービスを使用するときに指定した画像が収集されます。
  • 連絡先と関係. 他の人との情報共有、連絡先の管理、他の人との連絡、生産性向上のための製品をユーザーが使用する場合は、連絡先およびその関係に関するデータ。
  • ソーシャル データ. 人や組織に関するエンゲージメントの種類 (例: 好み、嫌いなこと、イベント) など、ユーザーと他の人や組織との間の関係およびやり取りに関する情報。
  • 位置情報データ. ユーザーのデバイスの位置情報に関するデータ。精度はさまざまで、正確である場合もそうでない場合もあります。 たとえば、全球測位衛星システム (GNSS) (GPS など) による位置情報データや、近くの携帯電話基地局および Wi-Fi スポットに関するデータが収集されます。 位置情報は、デバイスの IP アドレスや、アカウントのプロファイル内に含まれる場所を (たとえば都市や郵便番号レベルの低い精度で) 示すデータから推測されることもあります。
  • その他の入力. 弊社製品の使用時に提供された他の入力。 収集されるデータの例として、Xbox Live の使用時は Xbox ワイヤレス コントローラーで押されたボタン、Kinect の使用時はスケルトン トラッキング データ、その他のセンサーが搭載されたデバイスの使用時は該当する (歩数などの) センター データなどがあります。 また、ユーザーが自身の判断で Spend を使用する場合は、サービス提供のためにカード発行元から金銭的な取引データが収集されることもあります。

ファイルおよび通信の内容. ユーザーが入力、アップロード、受信、作成、制御する、ファイルおよび通信の内容。 たとえば、ユーザーが Skype を使用して別の Skype ユーザーにファイルを送信する場合、送信側と相手側のユーザーに表示するために、弊社はそのファイルの内容を収集する必要があります。 ユーザーが Outlook.com を使ってメールを受信する場合、メールを受信箱に入れ、表示し、返信可能な状態にし、ユーザーが削除するまで保管するため、弊社はメール内容を収集する必要があります。 ユーザーに製品を提供している場合に弊社が収集するコンテンツには、次のようなものがあります。

  • メッセージ、メール、通話、会議出席依頼、チャットに含まれるオーディオ、ビデオ、テキスト (タイピング、手描き入力、音声入力、その他の方法による) などの通信。
  • 弊社のクラウドを使用してユーザーが保存、取得、処理する写真、画像、楽曲、映画、ソフトウェア、およびその他のメディアまたはドキュメント。

録画または録音. Microsoft の建物、販売スペース、その他の場所でのイベントおよびアクティビティの録画/録音。 ユーザーが Microsoft Store の店舗やその他の施設に入った場合や、録画/録音される Microsoft のイベントに参加した場合、ユーザーの画像データおよび音声データが処理されることがあります。

フィードバックと評価. ユーザーが記入したフィードバック、アンケート データ、製品評価など、ユーザーから弊社に提供された情報や送信されたメッセージの内容。

本声明に含まれる各製品のセクションでは、その製品の使用時に適用される実際のデータ収集方法を説明します。

ユーザーの個人データの利用についてユーザーの個人情報の利用についてmainhowweusepersonaldatamodule
要約
全文

Microsoft では、収集したデータを使用して、充実した対話型エクスペリエンスをユーザーに提供します。 データの具体的な用途は次のとおりです。

  • 弊社製品の提供。これには、更新、セキュリティ保護、トラブルシューティング、サポートの提供も含まれます。 ユーザーが要求したサービスの提供または取引の実行が必要な場合は、データの共有も含まれます。
  • 弊社製品の改善と開発。
  • 弊社製品のカスタマイズと推奨。
  • ユーザーへの広告と販売。これには、プロモーショナル コミュニケーション、ターゲット広告、ユーザーに関連する製品やサービスの提示が含まれます。

また、弊社の事業遂行にもデータが使用されます。これには、業績の分析、法的義務の順守、従業員の育成、調査の実施などの用途が含まれます。

そのために、さまざまなコンテキスト (ユーザーが使用する 2 つの Microsoft 製品など) から収集したデータを結合する場合もあります。 たとえば、Cortana は、ユーザーが Microsoft スポーツ アプリに追加しているお気に入りのスポーツ チームを使用して、ユーザーの興味に関連する情報を提供します。また、Microsoft Store は、ユーザーが使用しているアプリやサービスに関する情報を使用して、個々のユーザーに合ったアプリを推奨します。 ただし弊社では、法律で定められている場合に一定の個人データの結合を防止する技術上、手続き上の予防手段を組み込んでいます。 たとえば、法律で定められている場合、ユーザーが認証されていない (サインインしていない) ときに収集されたデータは、ユーザーを直接的に特定できるアカウント情報 (氏名、メール アドレス、電話番号など) とは切り離して保存されます。

Microsoft では、このセクションおよび下の「個人データを共有する理由」の記述に基づき、ユーザーが使用する製品の提供、Microsoft の事業の運営、契約上および法律上の義務の遂行、Microsoft のシステムおよびユーザーの安全保護、Microsoft のその他の正当な利益の実現のために必要であれば、ユーザーの同意を得たうえでユーザーの個人データを処理しています。 欧州経済地域から個人データを転送するときは、下の「個人データの保存場所と処理」の記述に従い、さまざまな法的メカニズムに基づいて行います。

個人データの処理には、次のような目的もあります。

  • 弊社製品の提供。 弊社製品の稼働と、充実した対話型エクスペリエンスの提供のためにデータが使用されます。 たとえば、ユーザーが OneDrive を使用している場合にユーザーの指示があれば、ユーザーが取得、削除、編集、転送などの処理を実行できるように、サービスの一環としてユーザーが OneDrive にアップロードしたドキュメントが処理されます。 また、たとえば Bing 検索エンジンに検索クエリを入力した場合には、そのクエリを使用して検索結果が表示されます。 さらに、さまざまな製品、プログラム、アクティビティの機能として通信が組み込まれているため、ユーザーへの連絡時にデータが使用されることがあります。 たとえば、Microsoft では、サブスクリプションの終了が近くなったときに通知したり、ライセンス アカウントに関する説明するために、電話やメールなどの手段でユーザーに連絡することがあります。 さらに、製品の更新プログラムが利用可能になるタイミングを通知するなど、弊社製品の保護を目的としてユーザーに連絡することがあります。
  • 製品の改善。 弊社は、新しい機能や能力の追加を含む、継続的な製品向上のために個人データを使用します。 たとえば、エラー報告の使用によるセキュリティ機能の向上、Bing の検索クエリやクリックの使用による検索結果の関連性の改善や、使用状況データの使用による新機能の優先順位の決定、音声データの使用による音声認識精度の向上などです。
  • 個人用設定。 多くの製品には、ユーザーの生産性や楽しさを拡大する推奨機能など、個人用設定機能が含まれています。 この機能では、ユーザーに関して弊社が保持しているデータ (ユーザー、ユーザーによる製品使用およびアクティビティ、ユーザーの興味、ユーザーの場所についての Microsoft による推測など) に基づき、自動プロセスによってユーザーの製品エクスペリエンスがカスタマイズされます。 たとえば、設定によっては、Windows デバイスのブラウザーで映画のストリーミングを行うときに、ストリーミング効率の高い Microsoft Store のおすすめアプリを表示することができます。 Microsoft アカウントを使用している場合、ユーザーによる許可があれば、複数のデバイスの設定を同期することもできます。 多くの弊社製品には、個人用設定を行う機能を無効にするコントロールが提供されています。
  • 製品のアクティブ化。 弊社では、ライセンス認証が必要な製品をアクティブ化するために、デバイスとアプリケーションの種類、位置情報に加え、デバイス、アプリケーション、ネットワーク、サブスクリプションの一意の識別子などのデータを使用します。
  • 製品開発。 弊社では、新しい製品の開発のためにデータを使用します。 たとえば、新製品の開発を形成する、コンピューティングおよび生産性向上に関するユーザー ニーズを理解するために、多くの場合は匿名化されたデータが使用されます。
  • カスタマー サポート。 弊社は、製品の問題の診断およびトラブルシューティング、ユーザーのデバイスの修理、その他のユーザー ケアやサポート サービスの提供のためにデータを使用します。
  • セキュリティ保護とトラブルシューティング。 弊社では、弊社製品のセキュリティ保護とトラブルシューティングのためにデータを使用します。 これには、データの使用による製品とユーザーの安全性おびセキュリティ保護、マルウェアおよび悪意のあるアクティビティの検出、パフォーマンスおよび互換性に関する問題のトラブルシューティングによるユーザー エクスペリエンスの向上のほか、弊社製品に関する更新情報をユーザーに通知する用途も含まれます。 セキュリティと安全性の問題を検出するために自動化されたシステムを使用する場合もあります。
  • 安全性。 弊社製品とユーザーの安全性を保護するためにデータが使用されます。 弊社のセキュリティ機能と製品は、悪意のあるソフトウェアの動作を阻止し、悪意のあるソフトウェアがデバイスで発見された場合にユーザーに通知できます。 たとえば、Outlook や OneDrive などの弊社製品では、コンテンツを体系的に自動スキャンし、疑わしいスパム、ウイルス、不正行為を検出したり、詐欺、フィッシング、マルウェアのリンクを示すフラグが付いた URL を特定したりします。また、通信やコンテンツが契約条項に違反する場合、弊社は通信の送信を阻止するかコンテンツを削除する権限を有するものとします。
  • 更新プログラム。 弊社が収集したデータは、製品の更新プログラムとセキュリティ修正プログラムを開発するために使用されます。 たとえば、ソフトウェア更新プログラムまたはセキュリティ修正プログラムを提供するために、利用可能なメモリなど、デバイスの機能に関する情報を使用することがあります。 更新プログラムと修正プログラムの目的は、弊社製品でのユーザー エクスペリエンスを最大限に向上すること、プライバシーとデータ セキュリティの保護の支援、新機能の提供のほか、デバイスでこのような更新プログラムの処理準備状態を確保することです。
  • プロモーショナル コミュニケーション。 弊社は、プロモーショナル コミュニケーションを提供するために、収集したデータを使用します。 ユーザーはメール購読への申し込みを行い、また Microsoft からのメール、SMS、郵便、電話によるプロモーショナル コミュニケーションの方法を選択できます。 連絡先データ、メール購読、プロモーショナル コミュニケーションの管理について詳しくは、下の「ユーザーの個人データへのアクセスおよび管理方法」をご覧ください。
  • 関連する製品やサービス。 Microsoft では、弊社製品について関連性が高い、価値ある情報をユーザーに提供するためにデータを使用します。 多様なソースから入手したデータを分析することで、ユーザーに対して最も関連性が高く興味を引く情報を予測し、そのような情報をさまざまな方法で提供します。 たとえば、ユーザーがゲームに関心を持っていると予測した場合は、ユーザーが気に入る可能性の高い新しいゲームについてお知らせします。
  • 広告。 Microsoft は、メール、チャット、ビデオ通話でのユーザーの発言内容、文書、写真または個人ファイルをターゲット広告に利用することはありません。 弊社は個人データを使用して、弊社製品やサード パーティのプロパティに広告を表示します。このようなデータは、弊社とユーザーの間で行われるやり取りや弊社の一部の製品を経由して、またはサード パーティの Web プロパティで収集されます。 ユーザーに関連性の高い内容の広告を表示するために、自動プロセスが使用される場合もあります。 ユーザーに関するデータがどのように広告に使用されるかについては、下の「他の重要な情報」の「広告」セクションをご覧ください。
  • 商取引の処理。 ユーザーによる弊社との取引を処理するために、データが使用されます。 たとえば、ユーザーに製品のサブスクリプションを提供するためにお支払い情報を処理し、Microsoft Store から購入された製品を配送するために連絡先情報を使用します。
  • レポートと事業運営。 業務を分析し、ビジネス インテリジェンスを遂行するためにデータが使用されます。 これにより、情報に基づいた意思決定を行い、業務のパフォーマンスに関するレポートを作成できます。
  • 権利と財産の保護。 不正行為の検出、紛争の解決、契約の施行、財産の保護のためにデータが使用されます。 たとえば、ソフトウェア ライセンスの有効性を確認して不正コピーを減らすためにデータが使用されます。 不正行為など、弊社の権利および他者の権利を侵害する動作を検出および回避するために、自動プロセスを使用することもあります。
  • 法令順守。 法令順守のためにデータが処理されます。 たとえば、お子様のプライバシーを保護する義務を確実に遂行できるように、ユーザーの年齢情報を使用します。 また、ユーザーによるデータ保護の権利の行使を支援するために、連絡先情報と資格情報を処理します。
  • 調査。個人の権利と自由を保護するための適切な技術対策および組織対策を使用して、公益および科学的目的などによる調査を実施するためにデータを使用します。
個人データを共有する理由個人データを共有する理由mainreasonswesharepersonaldatamodule
要約
全文

ユーザーの同意の下、または取引を完了する、またはユーザーが要求した、または認証した製品を提供するのに必要な範囲で、弊社はユーザーの個人情報を共有します。 たとえば、ユーザーから要求があればコンテンツ情報をサード パーティと共有します。たとえば、友達にメールを送信する場合や OneDrive で写真、文書を共有する場合、またはアカウントを他のサービスとリンクする場合などです。 ユーザーが購入するための支払情報を提供する際、Microsoft は、不正行為の防止および信用リスクの抑制をするために、支払い手続きや金融サービスを提供している金融機関と支払い情報を共有する場合があります。

さらに、Microsoft 関連会社および子会社間で個人情報を共有します。 また、本声明で明記される目的に従い代理で業務を遂行するベンダーやエージェントと個人情報を共有します。 たとえば、カスタマー サービス サポートの提供や、弊社のシステムおよびサービスの保護の支援を請け負う弊社委託企業は、その業務を遂行するために個人情報へのアクセスが必要となる場合があります。 この場合、それらの企業は弊社の個人情報保護およびセキュリティ要件を遵守しなければなりません。また、弊社から受け取る個人情報を別の目的で使用することはできません。 また、合併や資産売却などの企業間取引の一環として、個人データを開示することがあります。

最後に、次に挙げる事項を実行するために必要であると良心に基づいて確信する場合、弊社は、ユーザーのコンテンツ (たとえば、Outlook.com のメール内容や OneDrive 上のプライベート フォルダー内のファイルなど) を含む個人データにアクセスし、そのような個人データを維持、開示、転送、または保存します。

  1. 適用法律を遵守する、または司法機関や他の政府機関などからの正当な法的手続に対応する場合。
  2. 顧客を守る場合、たとえば、スパム メールや製品の利用者が詐取されるのを防ぐ、または死亡や重大な傷害を防ぐ場合。
  3. コンピューター システムやネットワークへの攻撃を防ぐまたは停止させることなど、弊社製品のセキュリティを管理し、維持する場合。
  4. サービス使用を統制する条項を執行するなど、Microsoft の権利または財産を保護する場合。– ただし、他者が弊社のサービスを利用して盗んだ Microsoft の知的もしくは物理的財産を移動させているという情報を受信した場合、弊社はユーザーの個人情報を検査しませんが、司法当局にはそのことについて照会します。

弊社が司法当局やその他の政府当局の要請に応じて開示するデータについて詳しくは、https://www.microsoft.com/en-us/about/corporate-responsibility/lerr/ にある Law Enforcement Requests Report (法執行機関からの要請に関するレポート) をご覧ください。

弊社製品の一部には、Microsoft と異なるプライバシー ポリシーを持つサード パーティの製品へのリンクが含まれることにご注意ください。 これらの製品用に個人データを提供する場合、ユーザーのデータにはそのサード パーティのプライバシー ポリシーが適用されます。

ユーザーの個人データへのアクセスおよび管理方法ユーザーの個人データへのアクセスおよび管理方法mainhowtoaccesscontrolyourdatamodule
要約
全文

ユーザーは、以下に説明されている Microsoft 提供のツールを使用するか、Microsoft に連絡することにより、Microsoft が入手したユーザーの個人データにアクセスし、制御できます。 例:

  • Microsoft がユーザーの個人データを使用することについて同意した場合も、ユーザーはいつでもその同意を取り消すことができます。
  • ユーザーは、自分の個人データへのアクセス、消去、更新を要求できます。
  • データを別の場所に移植する場合は、Microsoft から提供されるツールを使用できます。ツールを使用できない場合は、Microsoft にお問い合わせください。

ユーザーの個人データの Microsoft による使用を拒否または制限することもできます。 たとえば、個人データの使用は、いつでも拒否できます。

  • 直接マーケティングの目的で使用されている場合。または
  • 弊社が公益の作業を実行している場合や、弊社またはサード パーティの正当な利益を追求している場合。

この権利は、EU の一般データ保護規制 (GDPR) などの準拠法で認められている可能性がありますが、弊社では場所に関係なく、ユーザーによるこの権利の行使を認めています。

勤務先、学校、サービス プロバイダーなどの組織で、Microsoft 製品へのアクセスがユーザーに許可され、ユーザーによる使用が管理されている場合、個人データへのアクセスと制御の方法については、組織の担当者にお問い合わせください。

ユーザーは、Microsoft が入手したユーザーの個人データにアクセスして制御し、Microsoft から提供されるさまざまなツールを使用することによって、データ保護の権利を行使できます。 最も有用なツールは、ユーザーと弊社の関係や、ユーザーによる弊社製品の使用形態によって異なります。 ユーザーが個人データを制御できるように弊社から提供されるツールの一覧を以下に示します。製品によっては、追加のコントロールが提供されていることがあります。

  • Microsoft プライバシー ダッシュボード. Microsoft プライバシー ダッシュボード (https://account.microsoft.com/privacy) では、Microsoft アカウントの使用を通じて Microsoft によって処理されるデータを制御できます。 ここでは、Microsoft アカウントに関連付けられている閲覧データ、検索データ、位置情報データの確認や消去などを行うことができます。 Cortana ノートブックおよび Microsoft Health サービスでもデータを管理できます。
  • Microsoft アカウント. Microsoft アカウント にあるプロファイル情報とお支払い情報へのアクセス/編集/削除、パスワードの変更、セキュリティ情報の追加、アカウントの停止は、https://account.microsoft.com にアクセスして実行できます。
  • ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC)。こちら では、ボリューム ライセンスのユーザーが契約情報やサブスクリプションおよびライセンスのデータを一元的に管理できます。
  • Skype。Skype アカウントのプロファイル情報とお支払い情報へのアクセス/編集/削除や、パスワードの変更を行う場合は、https://login.skype.com/login からアカウントにサインインできます。
  • Xbox。Xbox Live または Xbox.com をご利用の場合、Xbox 本体の マイ Xbox か、Xbox.com の Web サイトからアクセスすると、課金およびアカウント情報、プライバシーの設定、オンライン セーフティ、データ共有設定などのユーザーの個人データを閲覧または編集することができます。
  • Microsoft Store。Microsoft Store プロファイルやアカウント情報には、https://www.microsoftstore.com/ で [アカウント表示] または [注文履歴] をクリックすることでアクセスできます。
  • Microsoft.com。ユーザーのプロファイルにアクセスして更新するには、アカウント プロファイル にアクセスします。
  • Microsoft Developer Network (MSDN) の公開プロファイルをお持ちの場合は、https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ にサインインしてデータにアクセスし、編集することができます。

上記のツール経由またはご使用の Microsoft 製品から直接、Microsoft によって収集された特定の個人データにアクセスおよび制御できない場合は、「お問い合わせ方法」に記載されているアドレスまたは Web フォーム を使用して、いつでも Microsoft にお問い合わせいただけます。 ユーザーの個人データの制御に関するご要望には、30 日以内にご対応します。

コミュニケーションの基本設定

メール、SMS、郵便、電話で販売促進についての Microsoft からの通知方法を選択できます。 販売促進メールまたは SMS メッセージを受信していて、今後は受信したくない場合、以下のメッセージにある指示に従ってください。 販売促進メール、電話、郵便物を受け取るかどうかを選択するには、個人用の Microsoft アカウント にサインインし、コミュニケーションの許可 を確認してください。ここでは、連絡先情報の更新、Microsoft 全体での連絡設定の管理、メールの配信停止のほか、連絡先情報を Microsoft パートナーに提供するかどうかの選択を行うことができます。 個人の Microsoft アカウントをお持ちでない場合、Microsoft のメール基本設定は、この Web フォームから管理できます。 上記の選択は、特定の Microsoft 製品、プログラム、アクティビティの一部である必須サービス コミュニケーションには適用されません。また、別の購読停止方法を持つ調査やその他の情報コミュニケーションにも適用されません。

広告の選択

Microsoft からの興味に基づく広告の受信を中止するには、オプトアウト ページ にアクセスしてください。 オプトアウトした場合、その設定は、ご使用の Web ブラウザーに固有のCookie に保存されます。 オプトアウト Cookie の有効期限は 5 年です。 デバイスから Cookie を削除した場合は、再度オプトアウトする必要があります。

自分のオプトアウトの選択を個人用 Microsoft アカウントとリンクさせることもできます。 そうすると、そのアカウントで使用するすべてのデバイスに適用され、そのデバイスで別の個人用 Microsoft アカウントでサインインするまで適用は続きます。 デバイスから Cookie を削除した場合には、設定を適用するために再度サインインする必要があります。

Microsoft で制御され Windows アプリに表示される広告については、個人用 Microsoft アカウントにリンクしたオプトアウトを使用することも、Windows 設定の 広告識別子 をオフにすることにより興味に基づく広告をオプトアウトすることもできます。

興味に基づく広告に使用されるデータは、他の必要な目的 (製品提供、分析、不正防止を含む) に使用されるため、興味に基づく広告をオプトアウトしても、このデータ収集は停止されません。 広告は引き続き表示されますが、ユーザーとの関連性が低くなる可能性があります。

弊社のパートナーのサイト (上記参照) にアクセスして、サード パーティからの興味に基づく広告の受信をオプトアウトすることができます。

ブラウザー ベースの管理

ブラウザーを使用する場合は、特定の機能を使用して個人データを制御できます。 例:

  • Cookie 管理. 本声明の「Cookie」セクションに記載されているブラウザー ベースの Cookie 管理を使用すると、Cookie によって保存されたデータを制御し、Cookie に対する同意を取り消すことができます。
  • 追跡防止. サード パーティのサイトでユーザーに関して収集されるデータは、Internet Explorer (Version 9 以上) の追跡防止機能を使用して制御できます。 この機能では、ユーザーが追加した追跡防止リストに含まれているサイトで、Cookie を含むサードパーティ コンテンツがブロックされます。
  • "トラッキング拒否" のためのブラウザー管理. 一部のブラウザーは "追跡禁止" (DNT) 機能を組み込んでいる場合があり、ユーザーが追跡されることを希望されていないという信号を Web サイトに送ります。 DNT 信号をどう解釈するかについてまだ共通理解がないので、Microsoft サービスは、現在ブラウザーの DNT 信号に応答していません。 弊社は他のオンライン業者と連携して、DNT 信号を扱う方法についての共通の理解を定義することに取り組んでいます。 こうした中、ユーザーはデータ収集および使用を管理するための、前述のような Microsoft からの興味に基づく広告の配信をオプトアウトする機能など弊社が提供する他のツールを使用できます。
Cookie および類似のテクノロジCookie および類似のテクノロジmaincookiessimilartechnologiesmodule
要約
全文

Cookie とは、ユーザーのデバイスに置かれる小さなテキスト ファイルです。このファイルにデータが格納され、その Cookie の発行元ドメインの Web サーバーが後で読み取ります。 このデータは、ユーザーのコンピューターを一意に識別する数字と文字から成る文字列で構成されていますが、その他の情報が含まれる場合もあります。 一部の Cookie は、サード パーティによって配置され、弊社に代わって動作しています。 弊社では、ユーザーの選択や設定の保存、サインインの実行、興味に基づく広告の提供、不正の防止、弊社製品のパフォーマンスの分析など、以下で説明する正当な目的のために Cookie および類似のテクノロジを使用します。 Microsoft アプリでは、Windows の広告識別子など、付加的な識別子が同様の目的で使用されます。弊社の Web サイトやアプリケーションの多くは下記のように Web ビーコンや類似のテクノロジを含んでいます。

Microsoft における Cookie および類似のテクノロジ使用

Microsoft では、コンテキストまたは製品に応じて、以下に示すさまざまな目的のために、Cookie と類似のテクノロジを使用しています。

  • 基本設定と設定の保存. ユーザーのデバイスに基本設定と設定を保存し、エクスペリエンスを強化するために Cookie が使用されます。 たとえば、Microsoft の Web サイトで地域のニュースや天気情報を見るために、お住まいの地域名や郵便番号を入力すると、ユーザーによる設定に従って Cookie 内にその情報が保存され、ユーザーがサイトを再訪問したときに関連の現地情報が表示されます。 Cookie を使用して、優先する言語などの基本設定を保存すると、基本設定を繰り返し指定する必要がなくなります。 ユーザーが興味に基づく広告をオプトアウト (受け取り拒否) した場合、ユーザーのデバイスに配置された Cookie に、オプトアウトの基本設定が保存されます。
  • サインインおよび認証. Cookie はユーザーの認証に使用されます。 ユーザが、個人の Microsoft アカウントを使って Web サイトにサインインすると、固有の ID 番号とサインイン時間がユーザーのデバイス上に暗号化した Cookie として保存されます。 この Cookie により、ページごとにサインインすることなく、異なるページへ移動することができます。 同じサイトに戻るたびにサインインしなくて済むように、サインイン情報を保存することもできます。
  • セキュリティ. 製品をセキュリティで保護し、不正使用や悪用を検出するために役立つ情報を処理するために Cookie が使用されます。
  • ユーザーが Web サイトに提供する情報の保存. ユーザーから共有された情報を保存するために Cookie が使用されます。 ユーザーから Microsoft に情報が提供されると (Microsoft の Web サイト上で製品をショッピング カートに追加するなど)、情報を記憶する目的でデータが Cookie に保存されます。
  • ソーシャル メディア. 弊社の Web サイトの一部にはソーシャル メディア Cookie が含まれています。たとえば、ソーシャル メディア サービスにログインしたユーザーが、そのサービスを使ってコンテンツを共有できるようにする Cookie などがあります。
  • フィードバック. Microsoft では、Web サイトに関するフィードバックを提供できるようにするための Cookie を使用します。
  • 興味に基づく広告. Microsoft は、ユーザーのオンライン活動に関するデータを収集し、ユーザーにとって関係の深い広告を提供できるように、そして興味を見定めるために Cookie を使います。 本声明の「アクセスと管理」のセクションに記載されているとおり、Microsoft から提供される興味に基づく広告は受信を拒否することができます。
  • 広告の表示. Microsoft では、広告をクリックした訪問者の人数を記録するために Cookie を使用します。また、同じ広告が繰り返し表示されないように、どの広告がユーザーに表示されたかなどの情報を記録する目的にも使用します。
  • 分析. 使用状況やパフォーマンス データを収集するために、ファースト パーティおよびサード パーティからの Cookie やその他の識別子が使用されます。 たとえば、弊社は Cookie を使用して Web ページまたはサービスへのアクセス数をカウントしたり、弊社のサイトおよび製品の動作に関する他の統計情報を作成したりします。
  • パフォーマンス. Microsoft では、弊社製品のパフォーマンスを把握し、改善するために Cookie を使用しています。 たとえば、負荷分散を支援するデータを収集するために Cookie を使用します。これにより、弊社の Web サイトの稼働状態を維持することができます。

弊社が通常使用する Cookie の例を以下に示します。 このリストはすべてを網羅していませんが、弊社で Cookie を設定する主な目的を示しています。 ユーザーが Microsoft の Web サイトにアクセスすると、そのサイトでは以下の Cookie のすべてまたは一部が設定されます。

  • MUID、MC1、MSFPC - Microsoft のサイトを訪問する一意の Web ブラウザーを識別します。 広告、サイトの分析およびその他の運営上の目的に使用されます。
  • ANON - ANID (ユーザーの Microsoft アカウントに由来する一意の識別子で、広告、個人用設定、または運営上の目的で用いられる) を格納します。 また、ユーザーが Microsoft アカウントと Microsoft からの興味に基づく広告の表示のオプトアウトを関連付けることを選択した場合、その広告の表示をオプトアウトするというユーザーの選択を保存するためにも使用します。
  • CC- IP アドレスから判別される国名コードを格納します。
  • PPAuth、MSPAuth、MSNRPSAuth、KievRPSAuth、WLSSC、MSPProf - Microsoft アカウントを使ってユーザーがサインインする際の認証に役立ちます。
  • MC0 - ブラウザーで Cookie が有効になっているかどうかを検出します。
  • MS0 - 特定のセッションを識別します。
  • NAP - ユーザーの Microsoft アカウントのプロファイルに基づいてわかる範囲で、ユーザーの国、郵便番号、年齢、性別、言語、職業の暗号化された情報を格納します。
  • MH - Microsoft が広告主と提携している共同ブランドのサイト上に表示されます。 この Cookie は適切な広告が選択されるよう広告主を特定します。
  • childinfo、kcdob、kcrelid、kcru、pcfm - Microsoft アカウントのページに、お子様のアカウントに関連して使用する情報を保存します。
  • MR - 分析の目的で情報を収集するために使用します。
  • x-ms-gateway-slice - 負荷分散用のゲートウェイを識別します。
  • TOptOut - Microsoft から配信される、興味に基づく広告を受信しないというユーザーの決定を記録します。

ユーザーが Microsoft の Web サイトにアクセスしたときに Microsoft が設定する Cookie のほかに、サード パーティが特定の Cookie を設定することがあります。 例:

  • ユーザーが弊社のサイトを閲覧すると、サイト分析などのサービスを提供するために弊社が契約している会社によって、Cookie が配置されます。 以下のオプトアウト リンクをご覧ください。
  • ビデオ、ニュース、広告などのコンテンツを Microsoft のサイトに配信している会社は、独自の Cookie を配置します。 これらの会社では、処理対象データが独自のプライバシー ポリシーに従って使用されるため、Web サイト、アプリ、オンライン サービスでユーザー アクティビティに関する情報の収集および結合が可能になることがあります。

Cookie を制御する方法

多くの Web ブラウザーでは Cookie が自動的に受け入れられますが、Cookie をブロックまたは削除するためのコントロールも提供されています。 たとえば Microsoft Edge では、[詳細設定] > [プライバシーとサービス] > [Cookie] で Cookie をブロックまたは削除できます。 他のブラウザーで Cookie をブロックまたは削除する方法については、ブラウザーのプライバシーまたはヘルプのドキュメントをご覧ください。

Microsoft 製品の機能の一部は、Cookie に依存しています。 Cookie のブロックを選択した場合は、サインインできず、Cookie に依存する一部の機能が使用できなくなり、Cookie に依存する任意の基本設定が失われます。 Cookie の削除を選択すると、広告の基本設定など Cookie によって制御されている選択内容や基本設定が削除され、再設定が必要になります。

Microsoft ブラウザーの追跡防止機能を含む、Cookie に影響する追加のプライバシー管理については、本声明の「アクセスと管理」セクションをご覧ください。

Web ビーコンと分析サービス

Microsoft の一部の Web ページには、Web ビーコンという電子タグが含まれています。Microsoft は Web ビーコンを使用して、Microsoft の Web サイトに Cookie を送信し、その Web サイトへのアクセス数をカウントし、ブランド提携による製品の提供を行っています。 弊社が送信する電子通信にも、メッセージの開封や開封後の状況を知るための Web ビーコンまたは類似のテクノロジが使用されています。

弊社の Web サイトに Web ビーコンを設置するだけでなく、弊社が他社と協力して、Web ビーコンをその企業の Web サイトや広告に設置する場合もあります。 これにより、Microsoft の Web サイトに掲載された広告へのクリックが、広告主の Web サイトでの商品の購入やその他の行動にどの程度つながったかの統計情報を取得できます。

最後に、通常 Microsoft の製品には、サード パーティの分析プロバイダーが提供する Web ビーコンや類似のテクノロジが含まれており、弊社はこれらのテクノロジを使用して販売促進キャンペーンやその他の活動の効果に関する集約的統計情報を収集します。 これらのテクノロジにより、分析プロバイダーは、自身の Cookie や識別子をユーザーのデバイスに設定するか読み取り、これを通じて、アプリケーション、Web サイトやその他の製品でのユーザーのオンライン活動に関する情報を収集します。 ただし弊社は、これらの分析プロバイダーが弊社のサイト上で Web ビーコンを使用してユーザーを直接特定できる情報 (氏名やメール アドレスなど) を収集すること、またはそれらの情報にアクセスすることを禁止しています。 以下のリンクをクリックすると、データ収集または分析プロバイダーの使用をオプトアウトすることができます。

その他の類似テクノロジ

弊社の製品では、通常の Cookie および Web ビーコンだけでなく、他の類似のテクノロジをあわせて使用してコンピューターにデータ ファイルを保存し、それを読み込む場合があります。 通常、特定のファイルをローカルに保存することによって、ユーザーの設定を維持し、速度やパフォーマンスを向上することができます。 ただし、通常の Cookie のようにユーザーのコンピューター固有の識別子を保存する以外に、これらのテクノロジではユーザーの動作も追跡できます。 これらのテクノロジには Local Shared Objects (別名 Flash cookie) や Silverlight アプリケーション ストレージなどがあります。

Local Shared Objects (別名 Flash cookie). Adobe Flash テクノロジを使用している Web サイトは、Local Shared Objects (別名 Flash cookie) を使ってコンピューターにデータを保存することができます。 Flash Cookie を管理またはブロックする方法については、http://www.macromedia.com/support/documentation/en/flashplayer/help/settings_manager.html にアクセスしてください。

Silverlight アプリケーション ストレージ. Microsoft Silverlight テクノロジを使用する Web サイトやアプリケーションにも、Silverlight アプリケーション ストレージによるデータ保存を可能にする機能があります。 このようなデータの保存の管理やブロック方法については、本声明の「Silverlight」セクションをご覧ください。

組織から提供される製品 – エンド ユーザーに対する通知組織から提供される製品 – エンド ユーザーに対する通知mainnoticetoendusersmodule
要約
Microsoft アカウントMicrosoft アカウントmainmicrosoftaccountmodule
要約
全文

Microsoft アカウントを使用すると、Microsoft 製品だけでなく、一部の Microsoft パートナー企業の製品にもサインインできます。 Microsoft アカウントに関連付けられている個人データには、資格情報、名前、連絡先データ、お支払いデータ、デバイスと使用状況データ、連絡先、アクティビティ、ユーザーの興味やお気に入りに関する情報が含まれています。 ユーザーが Microsoft アカウントにサインインすると、製品やデバイスを問わず個人用設定と一貫したエクスペリエンスが有効になると共に、クラウド データ ストレージの使用、Microsoft アカウントに保存されているお支払い方法によるお支払い、その他の機能が可能になります。 Microsoft アカウントには、次の 3 種類があります。

  • ユーザーが個人のメール アドレスに関連付けて独自の Microsoft アカウントを作成した場合、そのアカウントは個人用 Microsoft アカウントと見なされます。
  • ユーザーまたは所属する組織 (勤務先や学校など) によって、その組織からユーザーに提供されるメール アドレスに関連付けて Microsoft アカウントが作成された場合、そのアカウントは職場または学校アカウントと見なされます。
  • ユーザーまたはサービス プロバイダー (ケーブル テレビやインターネットのサービス プロバイダーなど) によって、そのサービス プロバイダーのドメインが含まれるメール アドレスに関連付けて Microsoft アカウントが作成された場合、そのアカウントはサード パーティ アカウントと見なされます。

個人用 Microsoft アカウント. 個人用 Microsoft アカウントに関連付けられたデータや、そのデータの使用方法は、アカウントをどのように使用しているかによって異なります。

  • Microsoft アカウントの作成. ユーザーは、個人用 Microsoft アカウントの作成時に、一定の個人データの提供を求められます。弊社は固有の ID 番号を割り当てて、ユーザーのアカウントとそれに関連付けられた情報を特定します。 お支払いを伴う一部の製品では本名が必要ですが、その他の製品は、本名を提供せずにサインインして使用できます。 表示名やメール アドレス、電話番号など、ユーザーが提供する一部のデータは、他のユーザーが Microsoft 製品内で検索して連絡するのに役立つ場合があります。 たとえば、ユーザーの表示名やメール アドレス、電話番号を知っている他のユーザーがそれを使用して Skype 上で検索し、交流を求める場合もあります。 ユーザーが職場や学校のメール アドレスを使用して個人の Microsoft アカウントを作成した場合は、雇用主や学校がユーザーのデータにアクセスできることがあります。 場合によっては、コンシューマー向け製品 (Xbox Live など) へのアクセスを継続するために、メール アドレスを個人用メール アドレスに変更する必要が生じます。
  • Microsoft アカウントへのサインイン. Microsoft アカウントにサインインすると、サインインの記録が作成されます。これには、日時、サインインした製品の情報、サインイン名、アカウントに割り振られた固有の番号、デバイスに割り振られた固有の識別子、ユーザーの IP アドレス、オペレーティング システムおよびブラウザーのバージョンなどが含まれます。
  • Microsoft 製品へのサインイン. ユーザーがアカウントにサインインすると、さらに高度な個人用設定が可能になるため、製品およびデバイス全体にわたってシームレスで一貫したエクスペリエンスが提供されます。また、クラウド データ ストレージへのアクセスと使用、Microsoft アカウントに保存されているお支払い方法によるお支払い、その他の拡張機能や設定が可能になります。 ユーザーがアカウントにサインインすると、サインアウトするまでその状態が維持されます。 ユーザーが Microsoft アカウントを Windows デバイス (Version 8 以上) に追加した場合、ユーザーがそのデバイスで Microsoft アカウントを使う製品にアクセスすると、その製品へのサインインが Windows によって自動的に行われます。 サインインすると、一部の製品は、Microsoft 製品の使用の一部として (プロフィールにユーザーが追加している場合) ユーザーの氏名またはユーザー名やプロフィール写真を表示します。これには、ユーザーのやりとり、ソーシャル交流および公開投稿を含みます。
  • サード パーティ製品へのサインイン. サード パーティ製品に Microsoft アカウントでログインした場合は、サード パーティのプライバシー ポリシーに従って、ユーザーのデータがサード パーティに共有されます。 そのサード パーティは、アカウントに割り当てられたバージョン番号 (サインイン情報の変更の都度、新しいバージョン番号が割り当てられます) や、アカウントが無効になっているかどうかを示す情報も受け取ります。 ユーザーがプロファイル データを共有すると、サード パーティは、そのサード パーティ製品にユーザーがサインインした際に、ユーザーの氏名またはユーザー名とプロフィール写真 (ユーザーがプロフィールに写真を追加した場合) を表示できます。 ユーザーがサード パーティの事業者へのお支払いに Microsoft アカウントを使用する場合、Microsoft アカウントに保存されている、お支払いとご注文の処理に必要な情報 (氏名、クレジット カード番号、ご請求先住所/配送先住所、関連する連絡先情報など) が Microsoft からサード パーティまたは契約業者 (収納代行業者など) に提供されます。 サード パーティは、ユーザーのログイン時または商品購入時に受け取ったデータを、独自の方針とポリシーに従って使用または共有することができます。 サインインする各サービスや製品販売元のプライバシーに関する声明をよくお読みになり、その製品で収集された情報がどのように利用されるのかを確認してください。

職場または学校アカウント. 職場または学校のアカウントに関連付けられているデータおよびその使用方法は、個人の Microsoft アカウントに関連付けられているデータの使用および収集と全般的には類似しています。

勤務先や学校から提供されたアカウントが、Azure Active Directory (AAD) を使用して管理されている場合、ユーザーは職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 などのMicrosoft 製品や組織から提供されるサード パーティ製品にサインインできます。 会社や学校などから求められる場合、ユーザーは、追加のセキュリティ確認のために、電話番号や別のメール アドレスを提供するよう求められる場合があります。 組織によって許可されている場合は、自分で入手した Microsoft 製品またはサード パーティ製品に、職場や学校のアカウントを使用してサインインできます。

職場または学校のアカウントを使用して Microsoft 製品にサインインする場合は、次の点に注意してください。

  • ユーザーのメール アドレスに関連付けられているドメインの所有者がそのアカウントを制御して、コミュニケーションやファイルの内容などのユーザー データにアクセスし処理する可能性があります。これには、組織からユーザーに提供される製品および自分で入手した製品に保存されているデータが含まれます。
  • 製品の使用には、組織のポリシー (存在する場合) が適用されます。 自分で入手した製品へのサインインに職場または学校のアカウントを使用することを決める前に、組織のポリシーを確認し、自分のデータへのアクセスを組織に許可してもかまわないか検討する必要があります。
  • 職場または学校のアカウントにアクセスできなくなると (勤務先の変更など)、その職場または学校のアカウントでサインインしていた製品については、製品およびその製品に関連付けられているコンテンツ (自分で入手したものを含めて) にもアクセスできなくなる場合があります。
  • ユーザーが所属する組織のプライバシーやセキュリティ プラクティスは Microsoft のものとは異なる場合があり、Microsoft はこれらに責任を負いません。
  • ユーザーの組織がユーザーによる Microsoft 製品の使用を管理している場合、データ主体の権利行使に関する依頼など、プライバシーに関する質問がある場合は、組織の管理者にお問い合わせください。 「エンド ユーザーに対する通知」もご覧ください。

サード パーティ アカウント. サード パーティの Microsoft アカウントに関連付けられているデータおよびその使用方法は、個人の Microsoft アカウントに関連付けられているデータの使用および収集と全般的には類似しています。 サービス プロバイダーがユーザーのアカウントを制御しており、アカウントに対するアクセスや削除などの操作を行うことができます。 ユーザーはサード パーティから提供された契約条件を慎重に検討し、ユーザーのアカウントに対してサード パーティから実行可能な操作について、理解しておく必要があります。

プライバシーに関する他の重要な情報プライバシーに関する他の重要な情報mainotherimportantprivacyinformationmodule
要約

以下はプライバシーに関する追加情報 (データを保護する方法、データを処理する場所、データを保管する時間の長さなど) です。 Microsoft のプライバシー保護に対する取り組みの詳細については、https://privacy.microsoft.com をご覧ください。

個人データのセキュリティ個人情報のセキュリティmainsecurityofpersonaldatamodule
要約

Microsoft は個人情報の安全性の確保に努めています。 Microsoft はさまざまなセキュリティ技術と手法を用いて、ユーザーの個人情報を不正なアクセス、利用または開示から保護しています。 たとえば、ユーザーから収集した個人情報は、管理された施設の限られた人のみがアクセスできるコンピューターに保存されています。 Microsoft では、機密性の高い情報 (クレジット カード番号やパスワードなど) をインターネットで送信するときは、暗号を使用してこれを保護しています。 Microsoft は、データ保護に関する準拠法に従います。これには、セキュリティ違反通知に関する準拠法が含まれます。

個人データの保存場所と処理個人データの保存場所と処理mainwherewestoreandprocessdatamodule
要約

Microsoft で収集された個人データは、お住まいの地域か米国、または Microsoft、その関連会社、子会社、またはサービス プロバイダーの施設が稼働している他の国において保存および処理される可能性があります。 Microsoft は、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、フィンランド、フランス、ドイツ、香港特別行政区、インド、アイルランド、日本、韓国、ルクセンブルク、マレーシア、オランダ、シンガポール、南アフリカ、英国、および米国に主要なデータ センターを置いています。 通常、主要なストレージ場所はユーザーの地域または米国内とします (多くの場合、データ センターのバックアップを他の地域内に置きます)。 ストレージ場所は、業務効率やパフォーマンスの向上のほか、サービス停止またはその他の問題の発生時にデータを保護するための冗長性確保を実現できるように選択されます。 弊社は本声明に基づいて収集するデータが、本声明の規定およびデータの所在地で適用される法律の要件に従って処理されていることを保証するために必要な対策を講じています。

弊社では、欧州経済地域およびスイスから他の国へ個人データを転送しますが、その中には、データ保護のレベルが適正であると欧州委員会で認められていない国もあります。 たとえば、そのような国の法律では同じ権利が保障されていない場合や、苦情を処理できるようなプライバシー監督機関が存在しない場合があります。 弊社では、このような転送を行う場合、ユーザーの権利や保護が該当データに適用されるように、契約などの多様な法的メカニズムを採用しています。 Microsoft が個人データの処理を行う国における個人データ保護の妥当性に関する欧州委員会の決定について詳しくは、https://ec.europa.eu/info/law/law-topic/data-protection/data-transfers-outside-eu/adequacy-protection-personal-data-non-eu-countries_enをご覧ください。

Microsoft Corporation は、欧州連合やスイスから米国へ転送される個人データの収集、使用、および保持に関して米国商務省が規定する、米国 – EU プライバシー シールド フレームワークおよびスイス - 米国間プライバシー シールド フレームワークに従います。 Microsoft Corporation は、プライバシー シールド原則の順守を証する証明書を米国商務省から交付されています。 サード パーティ エージェントが弊社に代わって個人データを処理する際に、いずれかのプライバシー シールド フレームワークの原則に従わなかった場合、損害を引き起こした事象に関して弊社に一切の責任がないことを弊社が証明した場合を除き、弊社が責任を負うものとします。 自己証明申請において特定され、こちらに一覧を記載している Microsoft Corporation の米国の関連会社も、プライバシー シールド原則に従います。

このプライバシー ポリシーの条項とプライバシー シールド原則との間に矛盾がある場合は、プライバシー シールド原則が優先します。 プライバシー シールド プログラムの詳細および証明書については、www.privacyshield.gov を参照してください。

EU/米国またはスイス/米国のプライバシー シールドへの Microsoft の参加に関する不明な点やご不満な点については、Web フォームからご連絡ください。 Microsoft で直接解決できないプライバシー シールド フレームワークに関する苦情については、関連するデータ保護機関やヨーロッパのデータ保護機関によって設立された委員会と協力して紛争の解決にあたります。 データ保護機関の連絡先については、弊社にお問い合わせください。 プライバシー シールドの原則で詳しく説明されているように、他の方法で解決できない苦情に関しては、拘束力のある仲裁という手段も用意されています。 Microsoft は、米国連邦取引委員会 (FTC) の調査権および執行権の対象です。

個人情報の保持個人データの保持mainOurretentionofpersonaldatamodule
要約

Microsoft は、製品を提供し、ユーザーの要求した取引を遂行するために、また法的責任を遵守、紛争の解決、契約の遂行など正当な目的を遂行するために必要な期間、個人データを保管します。 このような必要性は、データの種類、ユーザーと弊社での取り決め、または各製品の使用形態によって異なるため、実際の保管期間も大きく異なることがあります。

保管期間を決定するためのその他の条件には、次のようなものがあります。

  • ユーザーがデータを提供、作成、管理する際に、そのデータをユーザーが意図的に削除するまで Microsoft 側で保管していることが求められるか。 これには、OneDrive に保存された文書、Outlook.com の受信トレイに保存されたメール メッセージなどが含まれます。 このような場合は、データをユーザーが積極的に (メールを Outlook.com 受信トレイから削除済みアイテム フォルダーに移動してからそのフォルダーを空にするなどの方法で) 削除するまで、Microsoft 側での保存を目指します。ユーザーが削除済みアイテム フォルダーを空にした場合、そのフォルダーにあったアイテムは、最終的に削除されるまでに最大 30 日間、Microsoft のシステムに残ります (アカウントに保管できるデータ量を超過した場合など、他の理由で、これより早くデータの削除が必要になることもあります)。
  • Microsoft プライバシー ダッシュ ボードなど、ユーザーがいつでも個人データにアクセスして削除できるような、自動化されたコントロールが存在するか。このようなコントロールがない場合は通常、短い保存期間が適用されます。
  • 個人データが機密情報かどうか。 個人データが機密情報の場合は通常、短い保存期間が適用されます。
  • 特定の種類のデータに対し、Microsoft が特定の保管期間を適用および発表しているか。たとえば、Bing 検索クエリの場合、弊社は、保存されている検索クエリを匿名化し、IP アドレスは 6 か月後に、Cookie および他のセッション間識別子は 18 か月後に完全に削除します。
  • ユーザーが長期間保存に同意しているか。その場合は、同意内容に従ってデータが保存されます。
  • Microsoft に、データを保管または削除する法的または契約上、またはこれに類似した義務があるか。 たとえば、該当する司法管轄区で強制力のあるデータ保存に関する法律、調査に関連するデータの保管に関する行政命令、訴訟目的で保存されているデータなどを考慮する必要があります。 反対に、違法なコンテンツの削除が法律によって求められた場合は、その処理を行います。
広告広告mainadvertisingmodule
要約

広告は、製品の提供、サポート、改善に役立ちます。 Microsoft は、メール、チャット、ビデオ通話でのユーザーの発言内容、文書、写真または個人ファイルをターゲット広告に利用することはありません。 弊社製品内およびサード パーティのプロパティ内の広告用には他のデータが使用されます。以下に詳細を示します。 例:

  • Microsoft は、Microsoft.com、MSN、Bing などの Microsoft Web プロパティに表示される広告の一部を選択して配信するために、収集したデータを使用することがあります。
  • Windows 10 のプライバシー設定の一部として広告識別子が有効になっている場合、サード パーティは、アプリ内に表示される広告を選択して配信するために、広告識別子にアクセスして使用することができます。これは、Web サイトが cookie に保存された一意の識別子にアクセスして使用するのとほぼ同じしくみです。
  • 弊社では、収集したデータを Oath、AppNexus、Facebook などのサード パーティ (以下を参照してください) と共有することがあります。これにより、ユーザーにとって有用で関連性の高い広告が、弊社の製品やこれらのパートナーの製品、またはパートナーがサービスを提供する他のサイトやアプリに表示されます。
  • 広告主は、Microsoft が広告主のサイトでアクティビティ、購入、アクセスなどの情報を収集できるように、自社のサイト上に Web ビーコン を配置するか、類似のテクノロジを使用することを選択できます。弊社は、広告主に代わってこのデータを広告の提供に使用します。

表示される広告は、個人情報を処理したデータに基づいて選択される場合があり、ユーザーの興味とお気に入り、位置情報、トランザクション、弊社製品の使用方法、検索クエリ、表示したコンテンツなどが使用されます。 たとえば、MSN で自動車に関するコンテンツを表示すると、車に関する広告が表示される場合があります。Bing で "シアトルにあるピザ屋" を検索すると、シアトルにあるレストランの広告が検索結果に表示される場合があります。

さらに、ユーザーについて長い期間にわたって学習した、他の情報に基づいて選択される広告が表示されることもあります。その学習情報には、人口統計データ、位置情報データ、検索クエリ、興味とお気に入り、弊社の製品とサイトの使用状況データ、および弊社の広告主やパートナーのサイトとアプリの使用状況データが利用されます。 本声明では、これらの広告を "興味に基づく広告" と呼びます。 たとえば、xbox.com でゲーム コンテンツにアクセスした場合、MSN でゲームのオファーが表示される可能性があります。 興味に基づく広告を提供するために、弊社では、ブラウザーが弊社の Web サイトと対話したときに、収集したデータ (IP アドレスなど) を利用してデバイスに配置されている複数の Cookie をまとめます。 興味に基づく広告を受け取らないように設定した場合、これらの Cookie に関連付けられたデータは使用されません。

広告に関連した弊社の個人データ利用の詳細については、以下をご覧ください。

  • 広告業界におけるベスト プラクティスとコミットメント. Microsoft は、Network Advertising Initiative (NAI) の会員であり、NAI の行動規範を遵守します。 弊社はまた、次の自主規制プログラムにも従います。
  • 健康関連広告ターゲッティング. 米国では、弊社はアレルギー、関節炎、コレステロール、風邪、インフルエンザ、糖尿病、胃腸の健康、頭痛/偏頭痛、健康な食生活、健康な心臓、男性の健康、口腔衛生、骨粗しょう症、皮膚の健康、睡眠および視力/目のケアなど通常の秘密性のない健康関連カテゴリについて興味に基づく広告を限定的に提供しています。 また、弊社は広告主の依頼に応じて、カスタマイズされた健康関連の興味のカテゴリに基づき、広告をターゲッティングします。
  • 子供と広告. Microsoft アカウントで 16 歳以下の年齢であることが確認できるお子様に対しては、興味に基づく広告は配信しません。
  • 個人データの保管. 弊社は、興味に基づく広告について最長 13 か月間個人情報を保管します。ただし、ユーザーがそれよりも長い期間個人情報を保管することに同意した場合は、この限りではありません。
  • 個人情報共有. 弊社は、広告主のサイトや広告で弊社が収集した個人情報に関するレポートを、広告主と共有する場合があります。

他の広告会社が収集した情報. 広告主は、弊社が表示するその広告主の広告内に自社の (または、その広告主の他の広告パートナーの) Web ビーコン を設定することがあります。これにより、広告主は自社の Cookie を設定し、読み取ることができます。 さらに、Microsoft は広告サービス提供を強化するためにサード パーティの広告会社と提携し、また、そのようなサード パーティが弊社サイトに広告を表示するのを許可します。 これらのサード パーティは、ユーザーのコンピューターに Cookie を置くことがあり、また、Web サイトまたはオンライン サービス全体でユーザーのオンライン活動に関する情報を収集することがあります。 現在、このような企業の例として、A9AppNexusCriteoFacebookMediaMathnugg.adAGOathRocket FuelYahoo! などが挙げられます。 上記の企業名をクリックすると、各企業の個人データに対する取り扱いや選択肢に関する詳細な情報を入手できます。 これらのうちの多くの企業は、NAI または DAA のメンバーでもあります。これらの組織はいずれも、参加企業のターゲット広告をオプトアウト (受け取り拒否) するための簡単な方法を紹介しています。

お子様からのデータの収集お子様からのデータの収集maincollectionofdatafromchildrenmodule
要約

Microsoft 製品で年齢情報を収集する場合に、その製品を使用するために保護者の同意または承認を必要とする年齢の範囲がお住まいの法域で定められていれば、Microsoft 製品では、その年齢に該当するユーザーをブロックするか、製品を使用する前に保護者による同意または承認を提示するよう求めます。 弊社が該当年齢のお子様に対し、製品を提供するために必要以上のデータを要求することはありません。

保護者による同意または承認が得られた後は、お子様のアカウントは他のアカウントと同様に扱われます。 その場合、お子様は Outlook や Skype などの通信サービスにアクセスし、すべての年齢の他のユーザーと自由に通信し、データを共有できます。

保護者は同意の変更や取り消しを行うことができます。また、同意または承認を提示したお子様の個人データを確認および編集し、削除を要求できます。 たとえば保護者は、お子様の個人用 Microsoft アカウント にアクセスして [許可] をクリックできます。 Minecraft など、Mojang 社のゲームを利用するユーザーの保護者の方は、account.mojang.com/terms#contact までお問い合わせください。

プレビュー リリースまたは無料リリースプレビュー リリースまたは無料リリースmainpreviewreleasesmodule
要約

Microsoft では、プレビュー、インサイダー、ベータなど無料の製品および機能 (以下、"プレビュー") を提供しています。ユーザーはこれらを評価して、製品使用に関するデータ (フィードバックや、デバイスまたは使用状況に関するデータなど) を Microsoft に提供できます。 結果として、プレビューは一般の製品よりも多くのデータを自動的に収集し、管理機能に劣るなど、一般的な弊社製品とは異なるプライバシーとセキュリティ対策が採用されている可能性があります。 プレビューに参加される場合は、お客様のフィードバックまたは一般リリース後も製品の継続使用を希望するかどうかについて、当社よりご連絡する場合があります。

本プライバシーに関する声明の変更本プライバシーに関する声明の変更mainchangestothisprivacystatementmodule
要約

このプライバシーに関する声明は、以下の要素を鑑みて、透明性を高めるために必要に応じて更新されます。

  • ユーザー、お客様、監督機関、業界、その他の関係者からのフィードバック
  • 弊社製品に対する変更
  • 弊社のデータ処理アクティビティまたはポリシーに対する変更

弊社が本声明の改訂版を掲載する際は、声明の冒頭にある "最終更新日" を更新し、変更内容を「変更履歴」のページに記載します。 個人データの処理目的に対する変更など、データ収集の元の目的と矛盾するような重要な変更を本声明に加える場合には、このような変更を実施する前に、変更点をお客様の目に触れやすい形式で掲載するか、お客様に直接、通知を送信します。 Microsoft がお客様の情報をどのように保護しているかを確認していただくためにも、プライバシーに関する本声明を定期的に確認することをお勧めします。

お問い合わせ方法お問い合わせ方法mainhowtocontactusmodule
要約

プライバシーに関する懸念、苦情、または Microsoft の最高プライバシー責任者またはデータ保護担当者への質問がある場合は、当社の Web フォーム を使用してご連絡ください。 30 日以内にご質問または疑問にお答えします。 ユーザーは、データ保護の監督機関または法域内のその他の関係当局に対し、問題提起または苦情申し立てを行うことができます。

別途規定されている場合を除き、本声明の対象である製品を通じて弊社が収集する個人データの管理元は、Microsoft Corporation と (欧州経済地域およびスイスを対象として) Microsoft Ireland Operations Limited です。 弊社所在地は次のとおりです。

  • Microsoft Privacy, Microsoft Corporation, One Microsoft Way, Redmond, Washington 98052, USA、 電話番号: (+1) 425-882-8080。
  • Microsoft Ireland Operations Limited, Attn: Data Protection Officer, One Microsoft Place, South County Business Park, Leopardstown, Dublin 18, Ireland、 電話番号: (+353) 1 850 940 940。

Skype Communications S.à.r.l. 23-29 Rives de Clausen L-2165 Luxembourg。Luxembourg は Skype のデータ管理元です。 Skype ソフトウェアまたは製品に関する内容については、Skype カスタマー サポート チームにサポート依頼をお送りください。

お住まいの国、地域の Microsoft 子会社については、http://www.microsoft.com/worldwide/ をご覧ください。

フランスの準拠法が適用される地域のユーザーは、死亡後の個人データの使用に関する具体的な指示を Web フォームで Microsoft に送信することができます。

技術またはサポートに関するご質問は、http://support.microsoft.com にアクセスして、Microsoft のサポート サービスの詳細を参照してください。 個人用 Microsoft アカウントのパスワードに関して不明点がある場合は、Microsoft アカウント サポート にアクセスしてください。

エンタープライズおよび開発者向け製品エンタープライズおよび開発者向け製品mainenterprisedeveloperproductsmodule
要約
エンタープライズ オンライン サービスエンタープライズ オンライン サービスmainenterpriseservicesmodule
要約
エンタープライズおよび開発者向けソフトウェアとアプライアンスエンタープライズおよび開発者向けソフトウェアとアプライアンスmainenterprisedevsoftwareappsmodule
要約
仕事効率化およびコミュニケーション製品仕事効率化およびコミュニケーション製品mainprodcommproductsmodule
要約
OfficeOfficemainofficeservicesmodule
要約
OneDriveOneDrivemainonedrivemodule
要約
OutlookOutlookmainoutlookmodule
要約
SkypeSkypemainskypemodule
要約
LinkedInLinkedInmainlinkedinmodule
要約
検索および人工知能検索および人工知能mainsearchaimodule
要約
BingBingmainbingmodule
要約
CortanaCortanamaincortanamodule
要約
Microsoft TranslatorMicrosoft TranslatormainMicrosoftTranslatormodule
要約
SwiftKeySwiftKeymainswiftkeymodule
要約
WindowsWindowsmainwindowsmodule
要約

Windows は、カスタマイズされたコンピューター環境を提供します。ユーザーは電話、タブレット、Surface Hub に至るまで、デバイスにおけるサービス、基本設定、コンテンツにシームレスなローミングとアクセスをすることができます。 Windows のキー コンポーネントはデバイス上の静的ソフトウェア プログラムとして常駐するのではなく、クラウド ベースに常駐しており、また、Windows のクラウドおよびローカル要素は定期的に更新され、最新の改善、機能を提供します。 このようなコンピューター利用体験を提供するため、弊社はユーザー、デバイス、ユーザーの Windows の使い方に関するデータを収集します。 Windows はユーザー個人向けに作られていますので、ユーザーは弊社が収集する個人情報、その個人情報の使用方法について選択を行うことができます。 ユーザーの Windows デバイスがユーザーが属する組織 (たとえば、会社や学校) によって管理されている場合、その組織は、Microsoft その他が提供する中央管理ツールを用いて、デバイスの設定、デバイスのポリシー、ソフトウエア更新、弊社や組織によるデータ収集、ユーザーのデバイスのその他の特性を制御する場合があります。 Windows のデータ収集とプライバシーについて詳しくは、https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=529552 を参照してください。 従来のバージョンの Windows (Vista、7、8、および 8.1) には、独自のプライバシーに関する声明が適用されます。

ライセンス認証アクティブ化mainactivationmodule
要約

Windows をライセンス認証すると、特定のプロダクト キーがソフトウェアのインストールされたデバイスに関連付けられます。 プロダクト キー、ソフトウェア、デバイスに関するデータは、Microsoft へ送信され、ユーザーのソフトウェア ライセンスの検証に使用されます。 このデータは、ライセンスを再アクティベートまたは認証する必要がある場合に再送信されます。 Windows が実行されている携帯電話では、デバイスの最初の電源投入時の位置だけでなくデバイスおよびネットワーク識別子も、保証登録、在庫補充、詐欺防止のため Microsoft に送信されます。

アクティビティの履歴アクティビティの履歴mainactivityhistorymodule
要約

Windows 10 のアクティビティ履歴では、PC でユーザーがどのようなことをしたのかを追跡できます。 アクティビティの履歴には、どのようなアプリやサービスを使用したか、どのファイルを開いたか、どの Web サイト閲覧したか、いつこれらを実行したかなどの情報が記録されます。 収集されたアクティビティ履歴は、デバイス上にローカル保存されます。ユーザーが Microsoft アカウントで PC にサインインして Windows に許可した場合は、アクティビティ履歴が Microsoft に送信されます。 クラウドでアクティビティ履歴が利用可能になると、Microsoft はこのデータを使用してクロスデバイス エクスペリエンスを有効にし、個人対応のエクスペリエンスおよび関連性の高い候補をユーザーに提供して、Microsoft の製品の改善を図ります。

iOS や Android のスマートフォンやタブレットなど、モバイル デバイスで Microsoft Edge などの Microsoft アプリ、Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリを使用した場合も、アクティビティ履歴が作成され Microsoft に送信されます。 Microsoft アカウントでサインインした場合は、Android デバイまたは iOS デバイス上の Microsoft アプリで開始したアクティビティを PC で続行することもできます。

広告識別子広告識別子mainadvertisingidmodule
要約

Windows は、デバイス上の各ユーザーに対し固有の広告識別子を生成します。 広告識別子が有効な場合、アプリ (Microsoft アプリとサード パーティのアプリの両方) は広告識別子にアクセスして使用することができます。これは、Web サイトが cookie に保存された一意の識別子にアクセスして使用するのとほぼ同じ仕組みです。 アプリ開発者および広告ネットワークは広告識別子を使用して、ユーザーに関連性の高い広告を表示するなど、アプリ全体および Web で、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。 Microsoft は、ユーザーによって広告識別子がプライバシー設定の一部として有効に設定されているのみ、ここに説明されている用途で広告識別子を収集します。 この識別子へのアクセスは、いつでも無効にできます ([スタート] > [設定] > [プライバシー] のプライバシー設定で広告識別子をオフにします)。 再度有効にすると、古い広告識別子がリセットされ、新しい識別子が生成されます。 サード パーティのアプリが広告識別子にアクセスする場合、そのアプリによる広告識別子の利用にはサード パーティ独自のプライバシー ポリシーが適用されます。 Microsoft による広告のためのデータ使用の詳細については、本声明の「ユーザーのデータの利用について」セクションを参照してください。

診断診断maindiagnosticsmodule
要約

Microsoft では、問題を解決し、Windows を最新で安全な状態に保ち、適切に動作させるために、Windows 診断データを収集しています。 これは Windows および関連する Microsoft 製品/サービスの改善にも役立つほか、"カスタマイズされたエクスペリエンス" を有効にしているユーザーは、各自のニーズに合わせて Microsoft およびサード パーティの Windows 向け製品およびサービスを調整するためのより適切なヒントや推奨情報を提供するために利用できます。 このデータは Microsoft に送信され、固有の識別子と共に保存されます。これらの識別子によって、ユーザーやデバイスを認識し、デバイスのサービス問題および使用パターンを理解します。 診断データと使用状況データには、[基本] および [完全] の 2 つのレベルがあります。

[基本] データには、デバイス、その設定と機能、正常に機能しているかどうかに関する情報が含まれます。 [基本] レベルでは、次のデータが収集されます。

  • デバイス、接続、構成に関するデータ:
    • デバイスに関するデータ。プロセッサの種類、OEM 製造元、バッテリーの種類と容量、カメラの数と種類、ファームウェアやメモリの属性など。
    • ネットワークの機能および接続に関するデータ。デバイスの IP アドレス、モバイル ネットワーク (IMEI、携帯電話会社など)、デバイスの接続先が無料ネットワークと有料ネットワークのいずれであるかなど。
    • オペレーティング システムとその構成に関するデータ。OS のバージョンおよびビルド番号、地域と言語の設定、診断レベル、デバイスが Windows Insider Program に参加しているかどうかなど。
    • 接続されている周辺機器に関するデータ。モデル、製造元、ドライバー、互換性に関する情報など。
    • デバイスにインストールされているアプリケーションに関するデータ。アプリケーション名、バージョン、公開元など。
  • デバイスが更新できる状態か、更新プログラムの受信を妨げる要素が存在するかという情報。バッテリー残量の低下、ディスク容量の不足、有料ネットワークへの接続性など。
  • 更新が正常に完了したか、失敗したか。
  • 診断情報収集システム自体の信頼性に関するデータ。
  • 基本的なエラー レポート。デバイスで実行中のオペレーティング システムとアプリケーションに関する正常性データ。 たとえば、Microsoft ペイントやサードパーティ製ゲームなどのアプリケーションで、ハングやクラッシュが発生した場合にエラーが報告されます。

[完全] データには、[基本] で収集されるすべてのデータに加えて、すべてのユーザーのために Microsoft が問題を解決し、製品とサービスを改善するのに役立つ、デバイスの正常性、デバイスの使用状況、高度なエラー レポートに関する情報が含まれます。 [完全] レベルでは、以下の追加情報が収集されます。

  • デバイス、接続性、構成に関する追加データ。[基本] で収集されるデータを超える範囲のデータが収集されます。
  • オペレーティング システムとその他のシステムのコンポーネントの状態と、正常性に関するログ情報。[基本] で収集される更新および診断システムに関するデータに加えて収集されます。
  • アプリの使用状況。デバイス上で起動されたプログラムの名前、実行時間の長さ、入力に対する反応速度など。
  • Microsoft ブラウザー (Microsoft Edge または Internet Explorer) の使用状況 (閲覧履歴や検索語句を含む)。
  • 拡張エラー レポート。システムまたはアプリのクラッシュが発生したときの、デバイスのメモリ状態など (これには、問題の発生時に使用していたファイルの一部など、ユーザー コンテンツが意図せず含まれていることがあります)。 下で説明されているように、クラッシュ データはエクスペリエンスのカスタマイズには使用されません。

診断データ設定を [完全] に設定した場合でも、前述のデータの一部がデバイスから収集されないことがあります。 Microsoft では、[完全] レベルのデータのデバイスのサブセット (サンプル) からのみ収集することで、すべてのデバイスから収集するデータの量を最小限に抑えています。 診断データ ビューアー ツールを実行することで、お使いのデバイスがサンプルに含まれているかどうかと、デバイスからどのようなデータが収集されているかを示すアイコンを表示できます。 診断データ ビューアー ツールをダウンロードする手順については、[スタート] > [設定] > [プライバシー] > [フィードバックと診断] をご覧ください。

Windows 診断で収集される特定のデータ項目は、記載された目的で必要なデータを Microsoft が柔軟に収集できるようにするため変更される可能性があります。 たとえば、Microsoft がユーザーのコンピューター利用体験に影響を与える最新のパフォーマンスの問題をトラブルシューティングしたり、新たに販売される Windows 10 デバイスを更新したりできるようにするため、Microsoft が以前に収集していなかったデータ項目を必要とする可能性があります。 両方のレベルの診断で収集されるデータ タイプの最新の一覧については、https://docs.microsoft.com/en-us/windows/configuration/windows-diagnostic-data をご覧ください。[基本] で収集されるデータの最新の一覧については、https://docs.microsoft.com/windows/configuration/basic-level-windows-diagnostic-events-and-fields をご覧ください。 Windows をはじめとする Microsoft の製品やサービスと連携する製品およびサービスのトラブルシューティングを支援するために、Microsoft はエラー報告に含まれる一部の限られた情報をパートナー (OEM など) に提供します。 この情報の用途は、製品とサービスの修復または改善に限定されます。

手描き入力とタイピング. [基本] または [完全] で収集されるデータに加えて、手描き入力とタイピングの診断データを送信することにより、Microsoft による手描き入力とタイピングの認識の強化に協力することを選択できます。 選択した場合、Microsoft では、Windows ユーザーが利用している多くの言語における手書き認識、オートコンプリート、次の単語の予測、スペル修正などの機能を強化するために、タイピング入力または手描き入力されたコンテンツのサンプルを収集します。 Microsoft が手描き入力およびタイピング入力の診断データを収集すると、小さなサンプルに分割され、元の内容の再構築やユーザーとの関連付けにつながるような一意の識別子、シーケンス情報、その他のデータ (メール アドレス、数値など) は、処理によって取り除かれます。

エクスペリエンスのカスタマイズをオンにすることを選択した場合、ユーザーのニーズに応じて Microsoft の製品やサービスを強化するため、Windows 診断データ (選択内容に応じて [基本] または [完全]) を使用してカスタマイズされたヒント、広告、推奨事項が表示されます。 診断データの設定で [基本] を選んでいる場合、パーソナライズはデバイス、その設定と機能、正常に機能しているかどうかに関する情報に基づいて行われます。 [完全] を選んでいる場合、パーソナライズは閲覧した Web サイト、アプリや機能の使い方に関する情報に加えて、デバイスの正常性に関する追加情報にも基づいて行われます。 ただし、[完全] を選んだユーザーからクラッシュ ダンプの内容を受け取った場合、そのようなデータはパーソナライズに使用できません。

エクスペリエンスのカスタマイズには、Windows のカスタマイズおよび最適化に関する推奨事項と、Windows のエクスペリエンスに役立つ Microsoft やサード パーティの製品とサービス、機能、アプリ、ハードウェアに関する推奨事項が含まれます。 たとえば、デバイスを最大限に活用できるように、ユーザーが知らない可能性のある機能や新機能について、情報が表示されます。 Windows デバイスに問題が発生している場合は、ソリューションが提案されることもあります。 ロック画面を写真でカスタマイズする、好きな種類の写真をもっと表示する、好きでない種類の写真を表示しないようにする、などの機会を提示されることもあります。 ブラウザーで動画をストリーミングしている場合、より効率的なストリーミングが可能な Microsoft Store アプリが推奨されることもあります。 または、ハード ドライブの領域が不足している場合は、Windows から OneDrive を試してみるように推奨されたり、ハードウェア容量を追加購入するように推奨されることもあります。

位置情報サービス、動作検知、および記録位置情報サービス、動作検知、および記録mainlocationservicesmotionsensingmodule
要約

Windows 位置情報サービス. Microsoft は、特定の Windows デバイスの正確な地理的位置情報を決定するのに役立つ位置情報サービスを運営しています。 デバイスの能力により、位置情報の決定には、全球測位衛星システム (GPS など) を使用する場合、近隣の携帯電話基地局や Wi-Fi アクセス ポイントを検知し、Microsoft が位置情報を把握している携帯電話基地局、Wi-Fi アクセス ポイントに関して管理するデータベースとその情報を比較する場合、デバイスの IP アドレスから位置情報を読み出す場合があります。 位置情報サービスが Windows デバイスで有効な場合、または Windows 以外のデバイスで位置情報にアクセスする権限をユーザーが Microsoft アプリに付与した場合、携帯電話基地局および Wi-Fi アクセス ポイントに関するデータや位置情報が Microsoft によって収集され、そのデータに関する人物またはデバイスを識別するデータを削除した後、位置情報データベースに追加されます。 また Microsoft は、位置情報サービスおよびマッピング サービスの提供と改善のために、この匿名化された位置情報データをサードパーティと共有します。

Windows サービスおよび機能 (ブラウザーや Cortana など)、Windows 上で実行するアプリケーション、Windows ブラウザーで開く Web サイトは、ユーザーが許可する場合、Windows 位置情報サービスにアクセスし、正確な位置情報を特定できます。 機能やアプリの中には、正確な位置情報許可を Windows の最初のインストール時に要求するものや、アプリの初回実行時に要求するもの、またはユーザーが位置情報サービスにアクセスするたびに要求するものがあります。 位置情報サービスを使用する特定の Windows アプリについて詳しくは、下記の「Windows アプリ」のセクションをご覧ください。

位置情報サービスにアクセスすると、Windows デバイスから Microsoft への位置情報のアップロードも行われます。弊社は、最後に通知された位置情報のみを保存して (新しい位置情報がアップロードされるたびに以前の位置情報を置き換える)、サービスの効率性と動作の向上を図ります。 Windows デバイスの最近の位置情報履歴に関するデータは、デバイス上で保管され、一部のアプリケーションおよび Windows 機能はこの位置情報履歴にアクセスできます。 デバイスの位置情報履歴は、いつでもデバイスの設定メニューで消去できます。

設定メニューではその他にも、位置情報サービスやユーザーのデバイス位置情報履歴にアクセスできるアプリケーションの確認、特定のアプリケーションから位置情報サービスへのアクセスの有効化と無効化、および位置情報サービスの無効もできます。 既定の位置を設定することもでき、位置情報サービスがデバイスの正確な位置を検出できない場合には設定した位置が使用されます。

モバイル デバイスでは、ユーザーが位置情報サービスを無効にしていても、ユーザーの携帯電話会社はユーザーの位置情報にアクセスできることに注意してください。

大まかな位置. 大まかな位置機能を有効にすると、正確な位置情報を使用できないアプリは、大まかな位置情報 (市区町村、郵便番号、地域など) にアクセスします。

電話を探す. 電話を探す機能では、電話の位置情報サービスへのすべてのアクセスを無効にしていても、Windows Phone の位置情報を https://account.microsoft.com で探すことができます。 電話を探す設定の [位置情報を数時間毎に保存] を有効にしている場合、電話を探す機能は、位置情報サービスを無効にしていても、定期的に電話の最新の位置情報 1 件を送信、保存します。 新規位置情報が送信される度に、前に保存された位置情報は上書きされます。

デバイスの検索. "デバイスを探す" 機能により、Windows PC またはタブレットの管理者は、デバイスの位置情報サービスを有効にしていると、他のユーザーがその位置情報を無効にしていても、そのデバイスの位置情報を見つけることができます。 管理者がデバイスを見つけようとする場合、ユーザーは通知センターでその通知を確認できます。

Windows 動作検知. 動作アクティビティ検知のある Windows デバイスは、動作アクティビティを収集します。 このデータは、歩数を計算する歩数計などの機能を可能にしますので、フィットネス アプリケーションは、ユーザーの燃焼するカロリー数を計算できます。 このデータと履歴はデバイスに保管され、データへのアクセスおよび使用をユーザーが許可するアプリケーションによってアクセスすることができます。

レコーディング. Windows デバイスの一部はレコーディング機能を搭載しており、他のユーザーとの通信を含むデバイスのアクティビティをオーディオ クリップやビデオ クリップとして保存できます。 セッションをレコーディングした場合、レコーディングした記録はユーザーのデバイス上にローカルに保存されます。 場合によっては、レコーディング済みデータを一般配信する Microsoft の製品またはサービスにレコーディング済みデータを送信することもできます。 重要: あらゆる通信は、法的な責任を理解したうえでレコーディング/転送する必要があります。これには、通信に参加するすべての当事者から事前に了解を得る必要があるかどうかも含まれます。 Microsoft は、ユーザーによるレコーディング機能またはレコーディング データの使用について責任を負いません。

セキュリティおよび安全機能セキュリティおよび安全機能mainsecurityandsafetyfeaturesmodule
要約

デバイスの暗号化. デバイス暗号化では BitLocker ドライブ暗号化技術を使用し、個人情報を暗号化してユーザーのデバイスに保存された個人情報を保護します。 デバイス暗号化が有効な場合、Windows は Windows がインストールされているドライブを自動的に暗号化し、回復キーを生成します。 ユーザーの個人デバイス用 BitLocker リカバリ キーは、ユーザーの個人用 Microsoft OneDrive アカウントの中に自動的にオンラインでバックアップされます。 Microsoft は、ユーザー個人のリカバリ キーをいかなる目的にも使用しません。

悪意のあるソフトウェアの削除ツール. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール (MSRT) は、Windows Update の一部として、1 か月に 1 回以上、デバイス上で実行されます。 MSRT は、個別の、関連するマルウェア (悪意のあるソフトウェア) による感染の有無をデバイス上で確認し、発見された感染を削除します。 マルウェアがデバイスにある場合、MSRT を実行すると、Microsoft サポート Web サイトで記載されているマルウェアが削除されます。 マルウェアのチェック中、検知されたマルウェア、エラー、デバイスに関するその他のデータに関する情報を記載した報告書が Microsoft へ送信されます。 MSRT が Microsoft にこのデータを送信しないようにするには、MSRT 報告コンポーネントを無効にします。

Microsoft ファミリ. 保護者は Microsoft ファミリを使用し、お子様のデバイスの使用について理解し、使用境界線を設定できます。 ファミリ メンバーが使用できる多くの機能が用意されていますので、ファミリを作成、または参加する際に提供されるデータを十分確認してください。 ファミリ アクティビティ報告書がお子様に対して有効となっている場合、Microsoft はそのお子様がどのようにデバイスを使用しているかに関する情報を収集し、そのお子様のアクティビティに関する報告書を保護者に提供します。 活動記録レポートは、短い一定の期間が経過すると Microsoft サーバーから定期的に削除されます。

Windows Defender SmartScreen. Windows Defender SmartScreen は、ダウンロードされたファイルや Web コンテンツをチェックして、悪意のあるソフトウェア、安全でない可能性のある Web コンテンツ、ユーザーやデバイスに対する他の脅威を検知することで、弊社のサービスを利用するユーザーを保護します。 ファイルのチェックでは、そのファイルに関するデータが Microsoft に送信されます。これにはファイル名、ファイル コンテンツのハッシュ、ダウンロード場所、およびファイルのデジタル証明書が含まれます。 Windows Defender SmartScreen が、未知または安全でない可能性があるファイルとして認識する場合、ユーザーがファイルを開く前に警告が表示されます。 Web コンテンツのチェックでは、コンテンツおよびデバイスに関するデータが Microsoft に送信されます。これには、コンテンツの完全な Web アドレスが含まれます。 Windows Defender SmartScreen がコンテンツの危険性を検知する場合、コンテンツではなく警告が表示されます。 Windows Defender SmartScreen は、設定でオン/オフを切り替えることができます。

Windows Defender ウイルス対策. Windows Defender ウイルス対策は、デバイス上でマルウェアやその他の望ましくないソフトウェアを検出します。 Windows Defender ウイルス対策は、他のマルウェア対策ソフトウェアが積極的にデバイスを保護していない場合、デバイスを保護するため自動的に有効になります。 Windows Defender ウイルス対策が有効な場合は、デバイスのセキュリティ状態が監視されます。 Windows Defender ウイルス対策が有効な場合、または定期的なスキャンが有効なために実行中の場合、疑いのあるマルウェアやその他の望ましくないソフトウェアに関するデータが含まれたレポートが、自動的に Microsoft へ送信されます。また場合によっては、マルウェアを含むファイルが送信されることもあります。 レポートに個人情報が含まれる可能性がある場合、レポートは自動的には送信されず、送信される前にユーザーに通知があります。 Microsoft にレポートや疑いのあるマルウェアが送信されないように、Windows Defender ウイルス対策を構成することもできます。

音声認識、手描き入力、タイピング音声認識、手描き入力、タイピングmainspeechinkingtypingmodule
要約

Windows では、デバイス ベースの音声認識機能 (Windows 音声認識デスクトップ アプリで利用可能) とクラウド ベースの音声認識サービス (Cortana が利用可能な市場と地域で Cortana と共に導入済み) の両方が提供されています。 現在、音声認識がサポートされている言語と地域については、こちら (https://support.microsoft.com/instantanswers/557b5e0e-0eb0-44db-87d6-5e5db6f9c5b0/cortana-s-regions-and-languages) をご覧ください。 クラウドベースの音声認識を使用する場合、Cortana およびその他のサポートされているアプリケーションで音声認識サービスを提供するために、Microsoft によって音声入力が収集および使用されます。

さらに、タイピング入力および手書き入力された語も収集されます。これは、ユーザー辞書をパーソナライズし、デバイスでのタイピング入力時および手書き入力時に適切な文字認識を適用して、タイピング入力時および手書き入力時に入力ヒントを提供することが目的です。 データの入力には、ユーザーの入力する文字や単語のサンプルが含まれます。また、弊社はこの際それらのサンプルをスクラブして、ID、IP アドレス、その他の識別子を取り除きます。 また、ユーザーが文章に行う手動変更や辞書に追加した単語など、関連するパフォーマンス データが含まれます。

クラウドベースの音声認識サービスの一環として、デバイスで作成されたユーザー辞書からも情報が収集されます。 あらゆるユーザーの音声を正しく認識する能力を向上するために、音声データとユーザー辞書の両方が収集され、その組み合わせが使用されます。

Cortana でアクセス許可を付与した場合、弊社はユーザーの氏名とニックネーム、最近のカレンダー イベント、予定に記載されている人々の氏名、連絡先の氏名やニックネームなどの情報、お気に入りの場所の名前、使用したアプリ、音楽の好みに関する情報を収集します。 これらの補足データによって、コマンドやメッセージ、ドキュメントを音声入力したときに、人やイベント、場所、音楽を認識する精度が向上します。

クラウドの音声認識は、いつでも無効にできます。 無効にした場合、この機能によるデータ収集が停止され、ローカル ユーザー辞書や入力履歴などのデバイスに保存された関連データが削除されます。

同期設定同期設定mainsyncsettingsmodule
要約

Microsoft アカウントで Windows にサインインすると、Windows は Microsoft サーバーとユーザーの設定およびデータの一部を同期します。これによりユーザーは複数のデバイス間であってもよりパーソナル化された利用体験をすることができます。 ユーザーが Microsoft アカウントで複数のデバイスにサインインした後、同じ Microsoft アカウントで別のデバイスに初めてサインインすると、Windows は他のデバイスから同期するために選択した設定およびデータをダウンロードして、適用します。 同期の選択をした設定は、自動的に Microsoft サーバーおよびユーザーが使用する他のデバイス上で更新されます。

同期される設定には、次のようなものがあります。

  • Microsoft Store からインストールしたアプリ
  • 言語設定
  • 簡単操作の基本設定
  • アカウントの画像、背景、マウス設定など個人用設定
  • Microsoft Store アプリの設定
  • スペル チェック辞書、入力方式エディター (IME)、辞書および個人辞書
  • Internet Explorer 閲覧履歴、お気に入り、ユーザー閲覧の Web サイト
  • 保存アプリ、Web サイト、モバイル ホットスポット、Wi-Fi ネットワーク名、パスワード

設定を同期するかどうかを選択し、同期した場合、同期した内容を管理するには、Windows 設定の [アカウント] セクションの同期設定に進みます。 一部のアプリでは、独自の同期コントロールが別途用意されています。 業務用アカウントで Windows にサインインし、個人用 Microsoft アカウントに業務用アカウントを接続する場合、Microsoft アカウントを接続する前に Windows がどちらの設定を同期するかユーザーに尋ねます。

更新サービス更新サービスmainupdateservicesmodule
要約

Windows の更新サービスには、Windows Update と Microsoft Update があります。 Windows Update は、Windows ソフトウェアおよびデバイス製造業者が提供するドライバーやファームウェアなど、その他のサポート ソフトウェア用ソフトウェアの更新プログラムを提供するサービスです。 Microsoft Update は、Office など他の Microsoft ソフトウェアの更新プログラムを提供するサービスです。

Windows Update は Windows ソフトウェア更新プログラムをデバイスに自動的にダウンロードします。 Windows Update が利用できるようになる (推奨) 場合、または更新プログラムのインストール終了に必要な再起動の通知が Windows からあった場合、これらの更新プログラムが自動的にインストールされるよう Windows Update の構成を行います。 Microsoft Store で入手できるアプリケーションは、Microsoft Store を通じて自動的に更新されます。これは、上記の「Microsoft Store」のセクションで説明されているとおりです。

Web ブラウザー: Microsoft Edge および Internet ExplorerWeb ブラウザー: Microsoft Edge および Internet Explorermainwebbrowsersmodule
要約

Microsoft Edge は、Microsoft が提供する Windows 用の既定の Web ブラウザーです。 Microsoft のレガシ ブラウザーである Internet Explorer も、Windows で利用できます。 インターネットにアクセスするため、Web ブラウザーを利用すると常に、ユーザーのデバイスに関するデータ ("標準デバイス データ") は訪問中の Web サイトおよび使用中のオンライン サービスに送信されます。 標準デバイス データには、ユーザーの IP アドレス、ブラウザーの種類、言語、アクセス時間、紹介元 Web サイト アドレスがあります。 これらのデータは、Web サイトの Web サーバーにログオンされます。 どのデータがログオンされ、どのようにデータが使用されるかは、ユーザーが訪問する Web サイトおよび使用する Web サービスのプライバシー ポリシーにより異なります。

さらに、たとえば、履歴、Web フォーム データ、インターネット一時ファイル、Cookie などのユーザーのブラウザーの使い方データがユーザーのデバイスに保存されます。 ユーザーは、[閲覧の履歴の削除] を使用してこのデータを削除できます。

Microsoft Edge では、次のようなコンテンツをキャプチャし、デバイスに保存できます。

  • Web ノート: 訪問する Web ページにインクとテキスト注釈を作成し、それをクリップ、保存または共有することができます。
  • アクティブ リーディング: Web サイトまたは文書を含むリーディング リストを作成、管理できます。
  • ハブ: リーディング リスト、お気に入り、ダウンロード、履歴を一つのエリアで簡単に管理できます。

デバイスに保存される一部の Microsoft ブラウザー情報は、ユーザーが Microsoft アカウントでサインインする際にデバイス間で同期化されます。 たとえば、Internet Explorer では閲覧の履歴やお気に入りが、Microsoft Edge ではお気に入り、リーディング リスト、自動入力フォームのエントリ (名前、住所、電話番号など) がこの情報に該当し、インストールした拡張機能のデータが含まれることもあります。 たとえば、Microsoft Edge では、複数のデバイスでリーディング リストを同期させると、リーディング リストに保存するように選択したコンテンツのコピーが同期したデバイスすべてに送信され、後で閲覧できます。 Internet Explorer の同期は、Windows 設定の [アカウント] セクションにある [同期の設定] で無効にすることができます (「同期設定」を参照)。 また、Microsoft Edge ブラウザー情報の同期化を無効にするには、Microsoft Edge 設定の同期化オプションを無効にします。

Microsoft Edge および Internet Explorer は、ユーザーの検索クエリおよび閲覧履歴を使用し、より速い閲覧とより関連性の高い検索結果を提供します。 これらの機能は以下のとおりです:

  • 検索候補の表示 : Internet Explorer では、ブラウザー アドレス バーに入力された情報をユーザーの既定検索プロバイダー (Bing など) に自動的に送信し、文字が入力されると検索推奨を提供します。
  • 検索候補とおすすめサイト: Microsoft Edge では、ブラウザー アドレス バーに入力された情報を Bing (ユーザーによって別の既定検索プロバイダーが選択されていても関係なく) に自動的に送信し、文字が入力されると検索候補を提供します。

ユーザーは、これらの機能をいつでも無効にできます。 検索結果を提供するため、Microsoft Edge および Internet Explorer は、検索クエリ、標準デバイス情報、位置情報 (位置情報を有効にしている場合) を既定の検索プロバイダーに送信します。 Bing がユーザーのデフォルト検索プロバイダーの場合、弊社は本声明の「Bing」セクションに記載されているとおり、これらのデータを使用します。

Cortana は、"Cortana に質問" などの機能で Microsoft Edge での Web 閲覧に役立ちます。 Microsoft Edge 設定ではいつでも Microsoft Edge の Cortana 機能を無効にできます。 Cortana によるデータの利用方法と、ユーザーがデータを管理する方法の詳細については、本声明の「Cortana」のセクションをご覧ください。

Windows アプリWindows アプリケーションmainwindowsappsmodule
要約

多くの Microsoft アプリケーションは、Windows に組み込まれており、他のアプリケーションは Microsoft Store で購入できます。 Windows アプリには、次のようなものがあります。

マップ アプリ. マップ アプリは位置情報ベースのサービスを提供し、Bing サービスを利用してユーザーの検索をマップ アプリ内で処理します。 マップ アプリから位置情報へのアクセスが許可されており、Windows で位置情報ベースのサービスが有効になっている場合、Windows アプリのサポートされているテキスト ボックスで "@" キーを使って検索を開始すると、位置情報ベースの候補を表示するために、"@" キーの後に入力したテキストが Bing サービスによって収集されます。 Bing のエクスペリエンスについて詳しくは、本声明の 「Bing」のセクションをご覧ください。 マップ アプリがユーザーの位置情報にアクセスする場合、マップを使用していなくても、Microsoft はユーザーのデバイスから匿名化された位置情報を収集し、Microsoft サービスを向上します。 位置情報サービスを無効にする、またはマップ アプリケーションの位置情報サービスへのアクセスを無効にすることで、マップ アプリケーションがユーザーの位置情報にアクセスするのを無効にできます。

お気に入りの場所、最新の地図検索をマップ アプリケーションに記録できます。 お気に入りの場所や検索履歴は検索候補に加わります。 Microsoft アカウントでサインインしている場合、ユーザーのお気に入りの場所、検索履歴、一部のアプリの設定は、他のデバイスやサービス (たとえば Cortana) との間で同期されます。 詳細については、上記「同期設定」をご覧ください。

カメラ アプリとフォト アプリ. カメラ アプリケーションにユーザー位置情報の使用を許可すると、ユーザーがデバイスで撮影した写真に、位置情報が記録されます。 カメラ モデルや写真撮影日などの詳細データも写真、動画に記録されます。 写真または動画を共有する場合、記録されたデータは共有する人、サービスが利用できるようになります。 デバイスの設定メニューで位置情報サービスへのアクセスをすべて無効にする、またはカメラ アプリケーションの位置情報サービスへのアクセスを無効にすることで、カメラ アプリケーションがユーザーの位置情報にアクセスするのを無効にできます。

カメラ ロールに保存されたユーザーの写真、動画、スクリーンショットは OneDrive に自動的にアップロードされます。 OneDrive の写真、動画を管理し、また、設定では自動アップロードを無効にできます。

位置情報が含まれる写真を撮影する際、写真アプリケーションは写真を日時、場所でグループ化します。 写真をグループ化する際、写真アプリケーションは "ワシントン州シアトル市" などのように場所の名称を決定するために写真の位置情報データを Microsoft に送信します。 Microsoft アカウントにサインインしてフォト アプリを使用すると、OneDrive の写真と動画は、フォト アプリの各アルバムに自動的に分類され、フォト アプリのライブ タイルにも表示されます。 ユーザーの写真や動画は、指定した場合のみ他の人と共有されます。

People アプリ. People アプリケーションを使用し、1 か所ですべての連絡先を表示して、連絡先の人と交信することができます。 アカウントを People アプリケーションに追加すると、アカウントにある連絡先が自動的に People アプリケーションに追加されます。 (Facebook、Twitter などの) ソーシャル ネットワークやメール アカウントなど他のアカウントを People アプリケーションに追加できます。 アカウントを追加すると、特定のサービスから People アプリケーションにインポートまたは同期するデータが表示されます。このとき、ユーザーは追加を希望するデータを選択できます。 また、ユーザーがインストールする他のアプリケーションは、People アプリケーションとの間で、既存の連絡先に情報を追加するなどしてデータを同期します。 People アプリケーションで連絡先を表示すると、連絡先との最近のやり取りに関する情報 (People アプリケーションがデータの同期元として使ったアプリなどから取得したメールやカレンダー イベントなど) が取得されて表示されます。 People アプリからは、いつでもアカウントを削除できます。

メール アプリとカレンダー アプリ. メール アプリとカレンダー アプリでは、サードパーティのメール プロバイダーやファイル ストレージ プロバイダーにある情報を含め、すべてのメール、カレンダー、ファイルを 1 つの場所で連携できます。 アプリは、カレンダーの天気予報情報など、位置情報ベースのサービスを提供しますが、アプリによる位置情報の使用を無効にすることができます。 メールおよびカレンダー アプリにアカウントを追加すると、そのアカウントにあるメール、カレンダー アイテム、ファイル、連絡先、その他の設定が自動的にデバイスおよび Microsoft サーバーと同期します。 アカウントはいつでも削除でき、アカウントと同期するデータはいつでも変更できます。 アカウントを構成するには、アプリでアカウントの資格情報 (ユーザー名やパスワードなど) を入力する必要があります。入力された資格情報は、インターネットを介してサード パーティ プロバイダーのサーバーに送信されます。 アプリは最初にセキュアな接続 (SSL) を使用してアカウントの構成を試みますが、メール プロバイダーが SSL をサポートしていない場合は、この情報を暗号化せずに送信します。 組織によって提供されたアカウント (職場のメール アドレスなど) を追加した場合、組織のドメインの所有者は特定のポリシーとコントロール (たとえば、多要素認証や、デバイスのデータをリモートで消去する機能など) を実装でき、ユーザーによるアプリの使用方法に影響が及ぶことがあります。

メッセージング アプリ. ユーザーはデバイスに Microsoft アカウントでサインインすると、情報をバックアップすることができます。また、その情報は SMS、MMS メッセージを同期し、それらのメッセージを Microsoft アカウントに保存します。 これにより、電話を紛失または変更した場合でも、メッセージを取得することができます。 デバイスの初期セットアップ後は、いつでもメッセージ設定を管理できます。 SMS/MMS バックアップを無効にしても、前に Microsoft アカウントにバックアップされたメッセージは削除されません。 これらのメッセージを削除するには、バックアップを無効にする前に、まずデバイスから削除する必要があります。 メッセージング アプリに位置情報の使用を許可する場合、現在の位置情報へのリンクを送信メッセージに添付することができます。 Microsoft は、「Windows 位置情報サービス」セクションに記載されているとおり、位置情報を収集します。

Windows スマートフォン向けウォレット アプリ. ウォレットを使用して、クーポン、ポイント カード、チケットやその他デジタル コンテンツなどの情報を保持することができます。 利用できる条件がそろっている場合、ウォレットにペイメント カードを追加し、提携小売店で NFC (近距離無線通信) を介して支払いを行うこともできます。

支払いができるようにウォレットを設定するには、個人用 Microsoft アカウントでウォレットにログインし、Microsoft アカウントに関連付けられているペイメント カードを追加します。 ペイメント カードをウォレットに追加すると、弊社からユーザーの指定銀行とペイメント カード ネットワークに対し、ユーザーの氏名、カード番号、請求先住所、メール アドレス、デバイスのデータ (デバイスの名前、種類、識別子など)、およびペイメント カードがウォレットに追加された時点での位置情報が提供されます。 このデータは、ユーザーの銀行とペイメント カード ネットワークに送信され、ペイメント カードの適格性の判断、取引の有効化、詐欺行為の検知に使用されます。

ユーザーが NFC で支払いを行うと、ウォレットから小売店にペイメント カードの暗号化されたデータ (以下 "トークン") が提供されます。 小売店がこのトークンに取引の詳細を添えて指定銀行に提示すると、取引が完了し、取引代金を請求できるようになります。

Windows Media PlayerWindows Media Playermainwindowsmediaplayermodule
要約

Windows Media Player では、CD、DVD、またはその他のデジタル コンテンツ (WMA ファイル、MP3 ファイルなど) の再生、CD のリッピング、メディア ライブラリの管理を行うことができます。 コンテンツを再生する際に豊かなエクスペリエンスをユーザーに提供するために、Windows Media Player は、アルバム タイトル、曲のタイトル、アルバム アート、アーティスト、作曲家など、関連するメディア情報を表示します。 Windows Media Player は、メディア情報を拡張するために、標準的なコンピューター情報、メディア コンテンツの識別子、Windows Media Player ライブラリに既に保存されているメディア情報 (ユーザーが自分で入力または編集した情報も) が含まれた要求を Microsoft に送信します。これらの情報によって Microsoft はトラックを認識し、使用可能な追加情報を返します。

Windows Media Player では、ネットワーク経由でストリーミング済みのコンテンツを再生することもできます。 Windows Media Player では、このサービスを提供するために、ストリーミング メディア サーバーと通信する必要があります。 これらのサーバーは通常、Microsoft 以外のコンテンツ プロバイダーによって運営されています。 Windows Media Player は、ストリーミング メディアの再生中にストリーミング メディア サーバーから要求された場合はストリーミング メディア サーバーやその他の Web サーバーにログを送信します。 ログには、接続時間、IP アドレス、オペレーティング システムのバージョン、Windows Media Player のバージョン、Player の識別番号 (Player ID)、日付、プロトコルなどの詳細が含まれます。 ユーザーのプライバシーを保護するため、Windows Media Player の既定では、セッションごとに異なる Player ID が送信されます。

Windows HelloWindows Hellomainwindowshellomodule
要約

Windows Hello は、生体認証によりユーザーのデバイスへのアクセスを瞬時に行います。 Windows Hello を有効にしている場合、Windows Hello はユーザーの顔、指紋、虹彩を使用し、画像から抽出してデバイスにテンプレートとして保存されているユーザーの特徴を基にユーザーを識別します。ただし、ユーザーの実際の顔、指紋、虹彩の画像は保存しません。 サインインの際に使用された生体認証データはデバイスに残ります。 生体認証データは設定で消去することができます。

Windows SearchWindows Searchmainwindowssearchmodule
要約

Windows Search では、ユーザーが所有する項目や Web サイトの検索を 1 つの場所から行うことができます。 ユーザーが所有する項目を Windows Search で検索した場合、個人の OneDrive、OneDrive for Business (有効にした場合)、他のクラウド ストレージ プロバイダー (サード パーティ プロバイダーでサポートされている範囲)、ユーザーのデバイスが検索対象になります。 Web サイトを検索するために Windows Search を使用する場合、または Windows Search で検索候補を取得する場合、検索結果は Bing によって提供されます。弊社は、本声明の「Bing」セクションの記載事項に従ってユーザーの検索クエリを使用します。

エンターテイメントおよび関連サービスエンターテイメントおよび関連サービスmainentertainmentmodule
要約

エンターテイメントおよび関連サービスは、さまざまなコンテンツ、アプリケーション、ゲームを利用できるように、優れたエクスペリエンスをユーザーに提供します。

Xbox と Xbox LiveXbox と Xbox Livemainxboxmodule
要約
Microsoft StoreMicrosoft Storemainwindowsstoremodule
要約
MSNMSNmainmainmodule
要約
MixerMixermainmixermodule
要約
Groove ミュージック/映画 & テレビGroove ミュージック/映画 & テレビmaingroovemusicmoviestvmodule
要約
SilverlightSilverlightmainsilverlightmodule
要約
Microsoft Health サービスMicrosoft Health サービスmainmicrosofthealthservicesmodule
要約

Microsoft Health サービスは、各自の健康データを理解して管理するために役立ちます。 これらのサービスには、HealthVault、HealthVault Insights、Microsoft Band デバイス、その他の Microsoft Health アプリケーションおよび関連製品が含まれています。 Band は、心拍数や歩数のようなデータの記録を支援します。 Band では、Cortana を使用して記録を取ることも、電話から通知を受け取ることもできます。 Microsoft Health アプリケーションではデータが Microsoft のサーバーに送信されるため、ユーザーがそのデータを表示、管理、制御することができます。 Band またはその他のデバイスへの通知を有効にすることもできます。 HealthVault サービスを使用すると、健康に関するデータをオンラインで収集、編集、追加、および保管して、その健康データを家族、介護者、医療の専門家と共有できます。

Microsoft Health サービスは、ユーザーのデータを収集して使用することで、エクスペリエンスの向上やパーソナル設定などのサービスを提供します。 Microsoft Health サービスを通じてユーザーが Microsoft に供給した健康データは、その他の Microsoft サービスとは結合されません、また、ユーザーの明示的な同意なしにその他の目的に使用されることもありません。 たとえば、Microsoft は、ユーザーの健康記録データを、ユーザーのオプトインの同意なしに、販売促進や広告に使うことはありません。

Health サービスHealth サービスmainmicrosoftservicelongmodule
要約

Microsoft Health サービスは、各自の健康データを理解して管理するために役立ちます。 収集されるデータは、ユーザーの使用するサービスや機能によって異なりますが、たとえば以下のデータが含まれます。

  • プロファイル データ. 新しいプロファイルを作成する場合、ユーザーは、アクティビティの成果の計算に使用される身長、体重、年齢などのデータを提供します。 他のプロファイル データは、個人用 Microsoft アカウントから取得されます。
  • アクティビティ データとフィットネス データ. Microsoft Health サービスは、心拍数、歩数、消費カロリー、睡眠などのデータを収集して、アクティビティやフィットネスを追跡するのに役立ちます。 追跡できるアクティビティの種類としては、ランニング、ワークアウト、睡眠などがあります。
  • 使用状況データ. 最高のサービスを提供するために、弊社は、Microsoft Health サービスのパフォーマンスと使用に関する統計を収集し、自動的にアップロードします。
  • 位置情報. Microsoft Band は、GPS (グローバル ポジショニング システム) 機能を内蔵しています。これにより、ユーザーは電話を携帯せずにランニングや自転車移動などのアクティビティのマップを描くことができます。 アクティビティに対して GPS を有効化すると、Microsoft Health アプリでアクティビティ マップを閲覧できます。 Band は、ゴルフ モードやエクスプ ローラー モードなど複数のモードで GPS が自動的にオンになり、モードを終了するとオフになります。 

Band のセンサーおよびセンサーが収集するデータの詳細については、こちら を参照してください。

アクセスと管理. Microsoft Health サービスでは、各自のデータを表示して管理できます。 たとえば、ユーザーのプロファイルをデータを表示して更新できます。また、接続済みアプリの管理や、過去のアクティビティの表示ができます。 Microsoft Health サービスでは、特定のアクティビティに関する詳細を削除できます。 特定のアクティビティを削除すると、そのイベントは Microsoft Health サービスから消去されますが、デバイスでキャプチャされた基本的センサー データや他のデータは Microsoft Health サービス内に残ります。 Microsoft Health サービス アカウントは、こちらからカスタマー サポートに連絡していつでも取り消すことができます。

Cortana. Microsoft Health サービスでは、Cortanaを使うことができます。 Cortana を使用する場合、Microsoft Health サービスで処理したデータ (健康に関するデータやサード パーティ サービスで処理されたデータを含む) は Cortana と共有されます。 デバイスで Cortana が有効になっていれば、Cortana の機能により、ユーザーは音声でクエリの実行やリマインダーの設定を行うことができます。 Cortana によるユーザー データの管理について詳しくは、このプライバシー声明の「Cortana」セクションを参照してください。

HealthVaultHealthVaultmainhealthvaultmodule
要約

HealthVault とは、パーソナルな健康プラットフォームで、オンラインで健康データを収集、編集、保存、共有できるものです。 HealthVault を用いて、ユーザー自身の健康記録を管理できます。 また、健康データを家族、介護者、医療の専門家、モバイル アプリケーション、健康関連デバイス、オンライン ツールなどと共有することも選択できます。 HealthVault の詳細については、こちら を参照してください。

HealthVault へのサインイン. HealthVault にサインインするには、Microsoft アカウントまたはサードパーティの認証サービスを使用します。 Microsoft アカウントを停止している場合やアカウントの資格情報をなくした場合は、ユーザーのデータにアクセスできない場合があります。 HealthVault の複数の資格情報を使用して、継続的なアクセスを確保することもできます。 HealthVault でサードパーティの認証サービスを使用する前に、発行者が提供するセキュリティとプライバシーの誓約を確認することをお勧めします。

HealthVault アカウントと健康記録. 新しい HealthVault アカウントを作るには、氏名、生年月日、メール アドレス、郵便番号、国/地域などの個人データを提供しなければなりません。 ユーザーが選ぶ機能によっては、追加情報を求められる場合があります。 HealthVault のアカウントにより、複数の健康記録を管理することができます。たとえば、自分自身用および家族用です。 ユーザーが管理する健康記録のデータは、いつでも追加または削除できます。

米国では、HealthVault によって健康記録ごとに一意の HealthVault メール アドレスが割り当てられます。 そのメール アドレスでメッセージを受け取ると、メッセージと添付文書は自動的に、HealthVault 記録に追加され、その記録の管理者に通知メールが送信されます。 HealthVault メール サービスは、"Direct" を使用します。これは、医療サービス提供者と通信するために特に設計されたプロトコルです。 そのため、HealthVault のメールは、Direct プロトコルを使用するシステムを使用するプロバイダーとの間でのみ送受信できます。 管理者は、記録用メール アドレスを追加または無効にすることができます。

健康データの共有. HealthVault の大切な特徴は、ユーザーの健康データを健康に関する目標を達成するのを支援する人々やサービスと共有できることにあります。 デフォルトでは、ユーザーが記録の管理者となります。 管理者は、健康記録へのアクセスについて最高レベルの権限を持ちます。 管理者として、HealthVault を通じてメール インビテーションを送信することにより、健康記録のデータを他人と共有できます。 アクセスする人々 (管理者も含む) のアクセスのタイプや可能時間、記録のデータを修正できるかどうかを決めることができます。 特定のユーザーにアクセスを許可した場合、そのユーザーは自分と同じレベルのアクセス許可を他のユーザーに付与できます (たとえば、表示のみのアクセス権を持つユーザーは、別のユーザーに表示のみのアクセス権を付与できます)。 不適切なアクセスを認めると、ユーザーのプライバシーが侵害されるだけでなく、ユーザー自身が記録にアクセスできなくなる可能性すらあるため、自分の記録へのアクセス許可の付与にあたっては慎重に行動する必要があります。

ユーザーは、健康記録の特定のデータ (またはデータすべて) を他のサービス (ユーザーが承認したサード パーティ サービスを含む) と共有することも選択できます。 権限のあるユーザーが HealthVault を通じてアクセスを認めない限り、どのようなサービスも HealthVault を通じてユーザーのデータにアクセスすることはできません。 HealthVault によって、ユーザーはリクエストを認めたり、拒否したりしてアクセスを管理することができます。 アクセスを認めたサービスごとに、共有すべき健康記録の特定の情報や、健康情報に対して各サービスが実施する対応を選択することができます。

記録にユーザーが権限を与えたサービスは、ユーザーの HealthVault アカウントに関するフル ネームや、認められた記録のニックネーム、その記録とのユーザーの関係を入手します。 そのサービスは、ユーザーが許可を取り消さないかぎり、HealthVault を通じたアクセスを継続します。 Microsoft は、Microsoft へのプライバシー誓約を満たさないサービスについては、HealthVault へのアクセスを無効にすることができます。 ただし、ユーザーがサード パーティ サービスに付与したアクセス許可を適用する以外、Microsoft ではサード パーティ サービスの管理や監視を行いません。また、サード パーティ サービスでのプライバシーの扱いは多様です。

米国の医療サービス プロバイダーへのレポート. 米国において弊社は、参加している医療サービス提供者が、Microsoft Health サービスの記録に対して送信した情報が使用されているかどうかについてのレポートを取得できる仕組みを提供しています。 この機能は、HITECH 法の "意味のある使用" という目的をサポートするもので、医療サービス提供者が患者に医療情報のコピーを電子的に送る動機となることを意図しています。 参加しているプロバイダーは、システムの中で患者を識別するためにプロバイダーが使用する数値を含むレポート入手し、ユーザーが HealthVault の "認定アクション" の一つを行ったかどうかを知る (ただし、どのアクションかの情報はない) ことができます。 "認定アクション" に現在含まれるのは、健康情報の閲覧、ダウンロード、メールでの転送です。 ユーザーは、ユーザーの記録に関する報告を取り下げにすることができます。

アクセスと管理. ユーザーは、ユーザーの HealthVault アカウントを見直したり、編集したり、削除したりできます。または、いつでも閉鎖することもできます。 管理者だけが、アイテムを永遠に削除できます。 ユーザーが健康記録を削除した場合、それにアクセスしたことがあるユーザーすべてからそれは削除されます。

ユーザーが HealthVault アカウントを停止した場合、弊社はユーザーだけが管理者である記録すべてを削除します。 管理者アクセスを共有する記録については、それを削除するかどうかを決定できます。 Microsoft は、健康データを不本意もしくは悪意で削除したりするのを回避するために、恒久的に削除をする前の一定の猶予期間を設けています。

HealthVault は、ユーザーやサービスのすべてのアクセス、変更、削除を完全に記録しています。それには、日付、アクション、人やサービスの名前が含まれます。 記録の管理者は、記録の履歴を調べることができます。

メール コミュニケーション. 弊社は、ユーザーが HealthVault を作成したときに提供したメール アドレスを用いて、アドレスを確認することを求めるメールを送信したり、HealthVault を通じてユーザーが送信する共有インビテーションに含めたり、ユーザーの HealthVault 記録に追加する情報が利用可能になったことを知らせるメールなどのサービス通知を送信したりします。

HealthVault は定期的にニュースレターを送信し、最新の改善点をお知らせします。 HealthVault はまた定期的に、最近のアカウント活動を要約したメールを送信します。 お客様の要望に基づいて、弊社はプロモーション情報のメールを送るため、お客様のメール アドレスを使用することもあります。 これらのメールはいつでも配信を解除することができます。

maineuropeanprivacymodule,mainsecurityofpersonaldatamodule,mainwherewestoreandprocessdatamodule,mainourretentionofpersonaldatamodule,mainadvertisingmodule,maincollectionofdatafromchildrenmodule,mainpreviewreleasesmodule,mainchangestothisprivacystatementmodule,mainhowtocontactusmodule mainenterpriseservicesmodule,mainenterprisedevsoftwareappsmodule mainofficeservicesmodule,mainonedrivemodule,mainoutlookmodule,mainskypemodule,mainlinkedinmodule mainbingmodule,maincortanamodule,mainMicrosoftTranslatormodule,mainswiftkeymodule mainactivationmodule,mainactivityhistorymodule,mainadvertisingidmodule,maindiagnosticsmodule,mainlocationservicesmotionsensingmodule,mainsecurityandsafetyfeaturesmodule, mainspeechinkingtypingmodule, mainsyncsettingsmodule,mainupdateservicesmodule,mainwebbrowsersmodule,mainwi-fisensemodule,mainwindowsappsmodule,mainwindowsmediaplayermodule,mainwindowshellomodule,mainwindowssearchmodule mainxboxmodule,mainwindowsstoremodule,mainmainmodule,mainmixermodule,maingroovemusicmoviestvmodule,mainsilverlightmodule mainmicrosoftservicelongmodule,mainhealthvaultmodule
mainenterprisedeveloperproductsmodule
Cookie

Microsoft の多くのサイトでは、"Cookie" と呼ばれる小さなテキスト ファイルが使用されています。このファイルはユーザーのデバイスに置かれ、その Cookie の発行元ドメインの Web サーバーが後で読み取ります。 Cookie は、ユーザーの選択や設定の保存、サインインの支援、興味に基づく広告の提供、サイトで行われた操作の分析に利用されます。 詳しくは、こちらをクリックしてください.

EU - 米国間およびスイス - 米国間のプライバシー シールド

Microsoft は、EU - 米国間およびスイス - 米国間のプライバシー シールド フレームワークの原則に従っています。 詳しくは、ここをクリックしてください。